むくみ

長時間の立ちっぱなし、座りっぱなしになると感じるむくみ。
足を上げたり、お風呂に入ったりして日常の生活習慣を改善することで楽になりますが、むくみの中には、心臓弁膜症や心疾患の機能低下によるむくみ、腎炎や腎盂腎炎のように尿量が減少して生じる場合もあります。

筋力が低下して寝たきりの高齢者や長期にわたりむくみが続いている場合は、病気の前兆というケースもありますので、あなどれませんよ。

鍼治療では、むくみが生じている場所に限定した治療をするのではなく、まず機能低下している内臓を刺激し、内臓機能のバランスを調整していきます。同時に脳内ホルモンのバランスも調整して、身体全体の体液循環を良くします。

身体が温まる
重かった身体が軽くなった
すっきりした
動きが悪かった腸の働きが良くなった
重くて痛かった後頭部がすっきりした

巡らせると身体は反応します。これがツボ、鍼のちから。

総院長 医学博士 劉 勇

総院長 医学博士 劉 勇


お近くの店舗へのお問い合わせ

メディアに関するお問い合わせ

この内容で送信します。よろしいですか?