四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

この記事の監修鍼灸師
ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院 神田先生

アレ?・・・上がらない。

シャツも脱げず、あまりの痛さに夜も眠れず、
仕事も集中できない肩の痛み・・・「肩関節周囲炎」、いわゆる「四十肩」です。

 

もともと、肩こりや慢性痛の自覚はあったけど、我慢したり、そのまま放置してたから?
いえいえ、「四十肩」は「肩こり」のヒドいバージョンではありません。

 

以前、コラムで「肩こり」のお話をさせて頂きましたが、「肩こり」は筋肉が硬くなり、血行不良により生じます。これに対し、「肩関節周囲炎」はその名の通り、肩関節周りの炎症により痛みを生じます。

年齢と共に、関節を作っている骨・靭帯・腱などが老化していくことが原因の一つだと考えられています。

 

「四十肩」「五十肩」があるなら「六十肩」もある?

ざっくり言ってしまうと、あります。

50歳前後に多くみられる症状なので、年齢に合わせた呼び名になっているからです。

「四十肩」は、特に夜間痛が激しいと言われています。

肩関節は、上腕骨と肩甲骨がかみ合い、肩関節を自由に動かすことが可能ですが、脱臼しないよう筋肉が常に腕を引っ張り上げています。

 

骨粗しょう症など、年齢と共に骨が脆くなっていくことをご存知だと思いますが、筋肉も同じように年齢と共に衰え、炎症が生じやすくなります。

肩が激痛で動かせないので、髪を洗ったり、上の方にある物を取ることが出来ない状態なので、
服の着脱も困難になります。激痛で仰向けの状態で眠れなくなる人も・・・。

 

本来、肩関節は大きく動かすことが出来る関節ですが、スマホを見続けたり、パソコン操作で
長時間前傾姿勢を取ることで巻き肩になり、筋肉が固まってしまい関節硬縮で柔軟性が低下します。
激痛で動かせないため、肩の可動域も低下します。こうして、毎日気付かないうちに、前側の筋肉は固くなり、後側の筋肉は弱まります。

 

「肩関節周囲炎」は炎症が原因なので、安静にしていれば1~2ヶ月で治ると言われていますが、毎日酷使し続けるので、なかなか休ませてあげられないですよね。

 

硬くなった筋肉をストレッチやマッサージで改善することが痛み軽減に繋がります。

鍼治療は、筋肉を緩め血流改善、気の停滞を促し、

自律神経の乱れも調えることが可能です。
 

発症してすぐに治療を開始することで治りも早くなりますが、発症する前の段階でのケアを。
心当たりのある方は、痛みが出る前の受診がオススメです。

 


それではまた次回!

 


所属の治療院はこちら

▶西新橋|ドクター・リウ鍼灸院

 

 

 

神田先生

神田先生

ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院所属 鍼灸師