年末年始の腰痛に、今から気をつけておくことは?

この記事の監修鍼灸師

ハリアップ六本木ヒルズ院 宮田先生

 

少し早い、年末年始に向けた腰痛の話

今回私は、年末年始に特に起こりやすい症状の中の腰痛についてのお話をしたいと思います。

年末年始、大掃除をしたり家族や親戚の方々等多くの人が集まり、普段よりも多くの料理を作ったりと色々とやる事が多くあり、バタバタとして忙しい事がたくさんありますね。

普段あまり掃除をしない場所の掃除や、大きな家具や荷物等を動かすとき、普段使っていない食器や調理器具等を取り出すときに、かがんだり急に力を入れる状態になりやすいです。

そのような状況では特に、腰痛等の症状が起こってしまいやすい為、年末年始は普段より特に気を付けて作業をしなければいけません。

では、どのようにすれば予防しやすくなるかと言うと、重たい荷物を持ち上げるときでは、膝を伸ばしたまま、腰だけを曲げて持ち上げるようにすると腰にかかる負担が大きくなってしまい腰を痛めやすくなってしまいますので、しっかりと膝を曲げて腰を落とし荷物をおへその前に持ってきて身体にしっかりと近づけてから足の力を使って持ち上げるようにすると腰を痛めにくくなります。

 

身体が冷えないようにしてあげる事

また、身体が冷えてしまうと血流が悪くなってしまい筋肉の動きも充分に出せない状態になってしまい、柔軟性も悪くなってしまいます。

この状態で急に力を入れると筋肉への負担が大きくかかってしまい痛めやすくなってしまいますので、身体が冷えないようにしてあげる事も大切です。

痛めてしまってからだと炎症が強くでてしまっていることが考えられますので、この場合は痛みのある場所をしっかりと冷やす事で炎症が落ち着き、痛みが収まってきます。

しかし、年末年始や前後の数日間で何度も繰り返して作業をしてしまうと身体に負担が大きくかかってしまい痛めやすい状態になってしまいますので、早めに少しずつに分けて取り掛かるようにする事で身体にかかる負担が減ってくれますので、早めに少しずつに分けて取り掛かる事をオススメします。

 

症状が出る前から予防の為に定期的に

また、症状が出る前から予防の為に定期的に治療を受ける事でも症状が出にくくもなりますのでこちらもオススメです。

身体全体の調子を整えながら早めに少しずつの作業をすると、より痛めにくくもなりますので試してみましょう。

特に以前腰痛があった方等、痛めやすい方は定期的に治療を行った方が症状が出にくくなるので良いです。

 

~まとめ~

新年早々辛い思いをしないためにも早めの準備、予防、治療をしましょう。

また、症状が出てしまった場合でも続けてしっかりと治療を行えば改善できますので早めにしっかりと治療をしましょう。

 

 

宮田先生所属の治療院はこちら

 ▶ハリアップ六本木ヒルズ院サイト

 ▶フォーム予約

宮田先生

宮田先生

楽天ハリアップクリムゾンハウス院 鍼灸師