今後の寒さに向けての冷え対策

この記事の監修鍼灸師

 

ハリアップ六本木ヒルズ院 宮田先生

 

これから特に気になる冷えについて

最近は暑さがおさまってきて、だんだんと寒さを感じる事が増えてきていますが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

冬に近づくにつれて、ますます寒さが強くなっていきますので早めに寒さ対策をして体調をくずさないようにしましょう。

そんな寒さが今後しばらく続く中で身体の冷えが気になってくるという方は多いのではないでしょうか?

今回はこれから特に気になる冷えについて書かせていただきます。

 

 

筋肉量の少ない女性は男性よりも冷えを感じやすい

特に冷えは、手や足に冷たさを強く感じる方が多いと思いますが、手や足は心臓から離れている事や血管が細くなっている事、外の気温の低く寒い中にでている時間が長いこと等もあり冷えやすくなってしまっています。

また男性と女性では、筋肉量の違いもある為筋肉量の少ない女性は男性よりも冷えを感じやすくなっています。

さらに運動不足や過度なダイエットをしてしまう事で筋肉量が減ってしまったり基礎代謝が悪くなってしまう事で体を暖める作用が下がってしまうので注意が必要です。

 

 

身体の冷えは肩こりや腰痛を起こしてしまう事もあります。

身体の冷えは免疫力の低下にも繋がってしまい、風邪をひきやすくなってしまったり、身体が冷える事で血管が細くなってしまい血流が悪くなってしまいますので肩こりや腰痛を起こしてしまう事もあります。

また、夜は気温が下がってしまい、冷えのある体がより冷えてしまう事で夜中に目が覚めてしまう事や寝付けなくなってしまったりと眠りにも影響をおよぼしてしまう事もありますので早めに改善をするようにしましょう。

普段の生活では、まずは身体を暖めてあげるようにしましょう。

身体の内部の消化管等から冷えてしまう事もありますので、温かいものを摂るようにして身体の内側から暖めて体の芯から暖めてあげると身体の中から血流がよくなり、冷えにくくなります。

 

 

食べ物では冬に採れる野菜、夏野菜等は体を冷やす効果!?

また、食べ物では冬に採れる野菜、特に根菜類やショウガ等は体を暖める作用があるため鍋やスープ等にして食べるのもオススメです。

しかし、夏野菜等は体を冷やす効果があるのでこちらは控えるようにしましょう。

 

 

適度に運動やストレッチで血流UP!!

さらに、適度に運動をして体を動かすようにすると筋肉が熱を生みだす為、体を暖めやすくもなり、血液を送るポンプの役割もあるため血流もよくなり冷えにくくなります。

手首や足首、肘等の関節部分は大きな筋肉が付いていない事等もあるので特にここから冷えてしまいやすいので関節部分を出さないようにする事も大切です。

また、ストレッチをしたり肩を大きく回して動かすようにする事や足先を持って足首を回すようにする事でも手や足の血流がよくなり効果的ですので行ってみて下さい。

 

~まとめ~

マッサージや鍼灸での治療は、動きが悪くなり熱を生み出す力が弱まっている筋肉を緩めて熱を生み出しやすくしたり、血流を良くする効果や自立神経の乱れによる冷えにも効果的です。

今のうちから続けて治療を行う事で体質改善にもつながります。

これから特に寒くなる冬の時期に冷えにくい身体にするためにも予防・治療を早めにするようにしましょう。

 

宮田先生所属の治療院はこちら

 ▶ハリアップ六本木ヒルズ院サイト

 ▶フォーム予約

宮田先生

宮田先生

楽天ハリアップクリムゾンハウス院 鍼灸師