スポーツや日常生活での膝の痛みについて

この記事の監修鍼灸師

ハリアップ六本木ヒルズ院 宮田先生

 

立ち上がった際や、階段の昇り降り、運動をしている最中、運動後、歩いているだけでも膝が痛んでしまう、

正座が出来ないといった膝の痛みについてのお話しを今回はさせていただきたいと思います。

 

関節軟骨がすり減ってしまうと痛みが発生

 

まず、膝の関節部分では神経が通っている骨同士が直接あたって擦れてしまわないように

骨の関節部分は関節軟骨に覆われているのですが、

関節軟骨がすり減ってしまうと骨同士があたって擦れてしまい、痛みが発生しやすくなってしまいます。

また、関節を包んでいる関節包が引っ張られるような時などでも痛みが発生してしまいます。

これらの起こってしまう原因は、スポーツでの負荷が続いたり、長年の日常生活での生活習慣、

加齢等によって痛みが発生しやすい状態になってしまいます。

 

スポーツの膝痛、生活習慣の膝痛

 

スポーツでの膝の痛みでは、繰返しの運動による負荷が原因での症状であることが多いです。

膝関節の周囲に付いている、膝を安定させて支える筋肉や靭帯の損傷、

膝関節の中で衝撃を吸収するクッションの役割をもつ半月板の損傷等によるケガ等により、

膝にかかる負担が大きくなってしまう事や、炎症が生じることでの痛みが起こってしまう事が多いです。

日常生活での生活習慣が原因での痛みでは、

運動不足や肥満が影響をして膝にかかる負担が大きくなってしまう事で痛めてしまう事が多くあります。

運動不足では、膝の場合は特に太ももの前側の筋肉が衰えてしまう事が多く、

膝にかかる負担を吸収しきれなくなってしまったりしっかりと支えられずに不安定になってしまいやすいです。

また、加齢によって発生してしまう膝の痛みでは、

膝関節の中の軟骨がすり減ってしまう事での骨同士の擦れでの痛みが多くなってしまいます。

 

太もも前面を鍛えて膝痛予防

 

加齢でも筋力が低下しやすく、

膝の安定性も悪くなってしまいやすいので膝を支えて安定させる太ももの前側の筋肉を動かすようにして、

鍛えることも有効になりますので、この場合は動かすようにすると良いです。

太ももの前側の筋肉を動かす運動では、

仰向きの状態で膝を伸ばしたまま足を持ち上げる動きや膝の裏側にクッションや厚めのタオル、

もしくはタオルを重ねて少し高さをだした状態で置き、膝裏でクッションやタオルを押し潰すようにすると

太ももの前側の筋肉を使えて鍛えられます。

 

鍼灸治療で膝痛改善

 

スポーツでの痛みの場合は、使いすぎによる事が多く炎症が起こっている可能性がありますので、冷やして安静にすると良いです。

また、鍼灸治療により膝周囲の負担のかかっている部分を緩めることでより改善しやすくなりますのでオススメです。

痛みが続いてしまう前に早めに対策をするようにして辛さが続いてしまう前に改善出来るようにしましょう。

 

 

宮田先生所属の治療院はこちら

 ▶ハリアップ六本木ヒルズ院サイト

 ▶フォーム予約

 

宮田先生

宮田先生

楽天ハリアップクリムゾンハウス院 鍼灸師