運動時に多いシンスプリントについて

この記事の監修鍼灸師

ハリアップ六本木ヒルズ院 宮田先生

 

 

すねの内側が痛む「シンスプリント」

 

新たに運動を始めたり、学校の部活動での繰返しの練習による足への負担で、すねの内側が痛む「シンスプリント」についてのお話しを今回はさせていただきたいと思います。

シンスプリントは普段の生活の中ではほとんどみられませんが、スポーツで特にみられやすい症状です。

特徴として、すねの内側の中央より下1/3の部分に痛みを感じると言われていますが、すねの内側の骨のラインに沿って、うずくような鈍い痛みが発生しますので、すねの内側の上の方や外側に痛みが出る場合もあります。

 

 

日常生活でも影響が出てしまうことが

 

また、運動をしている最中はあまり痛みを感じることはありませんが、運動のし始めや運動後に痛みが発生して力が入りにくくなってしまいます。痛みの出る部分は押すと強い痛みが発生するのも特徴です。

症状が悪化すると、歩くだけでも痛みが出たりするので日常生活でも影響が出てしまうことがあります。

痛みが発生する原因として、すねの周りに付いている筋肉が運動や練習でのダッシュやジャンプ等の動きを繰返し行う事で、筋肉が緊張して硬くなり、筋肉が付着している骨を覆っている膜の骨膜を引っ張ります。

繰返しこの骨膜が引っ張られる事で、引っ張られる力に耐えきれずに炎症が起こってしまい、痛みが発生してしまいます。

  

疲労骨折を起こしてしまう場合も


また、筋肉の硬さが強くなってしまいますので、地面を蹴った時などの衝撃を、筋肉が柔らかい状態の時はしっかりと吸収出来ていたものが、衝撃を吸収しきれなくなり、負荷がかかりやすい状態になりますのでこちらも原因となってしまいます。

このすねの痛みを我慢したまま運動や練習を続けて行ってしまうと症状がどんどんと悪化してしまい、疲労骨折を起こしてしまう場合もありますので症状が強くなってしまう前に治療を受けることをおすすめします。

炎症は無理に運動や練習を続けてしまうと悪化してしまいますので、休むようにしましょう。

また、強く痛みが出ているときには、炎症を抑え痛みを抑えるのにアイシングを行うのも良いです。

普段、痛みが出ていない時では足の筋肉の緊張が強く硬さがありますので血流を良くする為に温めるようにしましょう。

温める事で血流が良くなり、筋肉の緊張がとれて柔らかさが出てきますのでこの場合はしっかりと温めてあげるようにしましょう。

  

鍼灸で早めの治療を


もちろん鍼灸治療では、硬くなり負荷のかかった筋肉をほぐし、血流の改善等の効果があるため、運動や練習を休みながら治療を続ける事で改善が早くなりますので、悪化してしまう前に早めに治療を受けるようにして長く続いてしまわないように治しましょう。

 

 

宮田先生所属の治療院はこちら

 ▶ハリアップ六本木ヒルズ院サイト

 ▶フォーム予約 

宮田先生

宮田先生

楽天ハリアップクリムゾンハウス院 鍼灸師