ゴルフ肘について

この記事の監修鍼灸師
ハリアップ六本木ヒルズ院 宮田先生

 

 

ゴルフ肘「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつ ないそくじょうかえん)」

 

今回は使いすぎによって肘の内側に痛みが発生する「ゴルフ肘」についてお話をさせていただきたいと思います。

まず、ゴルフ肘とは「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつ ないそくじょうかえん)」という正式な病名を持つ疾患です。

文字通り普段からゴルフをよくプレーしている人になりやすいとされているため、「ゴルフ肘」と呼ばれています。

ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)の主な原因は、繰り返しの手の使い過ぎ(オーバーユース)です。

ゴルフのプレイを重ねることで肘の内側に負荷が強く掛かり、やがて炎症を起こして痛みが発生します。

肘は上腕骨(じょうわんこつ)と尺骨(しゃくこつ)と橈骨(とうこつ)と呼ばれるそれぞれの骨によって構成されています。

上腕骨は肘を挟んで上の部分に位置し、尺骨と橈骨は肘を挟んで下の部分に2つとも位置しています。

ゴルフ肘によって発生する痛みの原因は、主に肘の内側の出っ張っている骨(上腕骨内側上顆)に付着している筋肉に負荷が集中しているからだと考えられています。

プレイする際に負荷がかかる筋肉はさまざまありますが、その中でも痛みを起こしやすいと言われているのが、橈側手根屈筋(とうそくしゅこんくっきん)です。

この筋肉を始めとして、肘の内側に付着している筋肉の多くは、指と手首を手のひら側に曲げる動きなどの役割を持っています。

ゴルフのようにクラブをグリップするなど、物を掴む動作や腕を繰り返して使う動きのあるスポーツは、手首から肘にかけて関節に負担がかかってしまいます。

そのため、結果的に肘関節の症状を引き起こしてしまうことになります。

 

 

日常生活の中でも発生

 

ゴルフ肘は、ゴルフをよくプレーしている人以外でも起こる可能性があります。

 

上記のように、物を掴む動作や腕を繰り返して使う動きのあるスポーツをしている人や、普段からパソコンのキーボードで操作している人などは繰り返し肘にかかる負荷の時間が長くなってしまう為、日常生活の中でも発生してしまう場合があります。

  

ご注意ください!

 

「ゴルフ肘」の症状は、物を持ち上げる動作や手を握って力を入れるときの動作を行うことによって痛みが現れる事が多いです。

 

無理に動かさずに安静にしていれば症状がおちつきますが、治療せずにそのまま放置していると、日常生活に影響を及ぼす可能性があります。

まず、ゴルフ肘の症状が現れた時点で、使いすぎによる筋肉の疲労が蓄積されている状態です。

そこから血行不良や筋肉の柔軟性低下が進み、慢性的な痛みが続いたり、動きの悪さ(可動域の低下)に繋がってしまう場合があります。

ですので症状が現れたら、症状の程度に関わらず、治療することが大切です。

 

 

アイシングで炎症を緩和

 

特にスポーツ後で痛みが発生しているときは、十分にアイシングを行って炎症を落ち着かせましょう。

 

炎症がある程度治まり、痛みが落ち着いてから、筋肉のストレッチを行うことで肘への負担が軽減され、症状が緩和されやすくなります。

ストレッチは、肘と指先を伸ばした状態で手首を反対側の手で反らします。

この動きで肘の内側に付着している、負荷の掛かっている筋肉が伸びます。

特にスポーツの場面ではストレッチをプレーの前後およびその合間でも行うようにすることで肘に付着する筋肉の柔軟性が増し、ゴルフ肘の予防になりますので十分に行うようにしましょう。

また、痛みを軽減させるために肘のサポーターやテーピング等を活用する場合もあります。

 

 

ゴルフ肘の予防

 

腕の筋力トレーニングも有効とされています。

 

筋力トレーニングでは、500mlのペットボトルに水を入れたもの等、軽めの重りを持ちます。

腕をテーブル等の台もしくは、座った状態で自分の太ももの上にのせます。

手首から先をだらんと出した状態にします。

そのまま手首を手のひら側に曲げる動きを繰り返す事でトレーニングができるためおススメです。

痛みが治まってからも腕の筋肉の柔軟性が低下していることが多く、症状が再発する場合もありますので十分に継続した治療が必要です。

継続して治療を行うことで筋肉の柔軟性が増し、肘への負担が減るので、治療はそのまま予防に繋がります。

 

 

特に鍼灸治療身体の新陳代謝を早め

筋肉をしなやか保ちます

 

なかなか肘の痛みが取れない場合は、是非ご相談下さい。

 


宮田先生所属の治療院はこちら
▶ハリアップ六本木ヒルズ院サイト 

宮田先生

宮田先生

楽天ハリアップクリムゾンハウス院 鍼灸師