生命維持には欠かせない自律神経

この記事の監修鍼灸師
コリとれーるカレッタ汐留院 多湖先生



「自律神経」とは「意識しない神経」のことです。
ふだん私たちは、手や足を動かしたり、立ったり座ったりと「動かそう」として動かしていますこの神経
「体性神経」と言います。

では「意識しない神経」とは食べた物を消化したり、吸収したり他には汗をかいたり体温調節、脈拍などは意識していないですよね!この「意識しない無意識の神経」を「自律神経」と言います。

そして自律神経とは交感神経」副交感神経」があります。

交感神経とは身体が活動している時、驚いた時、緊張した時などに優位になり 血流は筋肉へ多く流れ、血管を収縮し活動的になります。

副交感神経休んでいる時やリラックスしている時に優位なり、血管を拡張して血行を良くし、精神活動を休息に導きます 


交感神経昼間に活発になり、副交感神経夜に活発になります。

交感神経と副交感神経のスムーズな入れ替わりにより、私たちの身体はバランスがとれ、生命の維持がされているので、自律神経はとても大切な神経なのです。


このバランスが崩れる原因としては、仕事や勉強で夜遅くまで起きていたり、身体を酷使するような「肉体的なストレス」や、人間関係や将来の不安などの「精神的なストレス」を継続的に受けると、交感神経ばかりが優位になってしまい、バランスが崩れてしまいます。

症状は数えきれないほどあります。

頭痛、めまい、不眠、疲れ目、ドライアイ、涙目、食欲低下、立ちくらみ、過食症、吐気、かゆみ、冷や汗、呼吸困難、胃炎、動悸、息切れ、などあり上げるときりがないくらいです。


実は自律神経が関係していたんだ!というケースがよくあります。


ここ最近の暑さで、野外の暑さと室内の温暖差などの体温調節も身体がついていけなくなりバランスが崩れる原因にもなります。

病院などでは、検査をしても身体の明らかな病気の原因が見つからない病気。

「鍼灸治療」は、鍼やお灸を使って行なう治療のことで、基本的に自然治癒力を高める治療だと言われています。
身体の弱った所や悪い所があると、身体が本来の正常な状態に戻ろうとして、自分の力で治そうとする力を持っています。

自律神経が乱れるとその自然治癒力が弱まりさまざまな症状が出ると考えます。

鍼灸治療ではその症状に効果があるとされるツボに鍼や灸で刺激を与え、自然治癒力を高めて血液循環や内臓、免疫などの働きを“その人本来の正常な状態”に戻すように身体に働きかけていくことで改善していくのです。





所属の治療院はこちら
コリとれーるカレッタ汐留院 

 


多湖先生

多湖先生

鍼灸師(コリとれーるカレッタ汐留院)