スマホのカメラでストレス測定

カメラに指をあてるだけで簡単ストレスチェック

ストレス測って、ストレス減らそう!

ストレスに対処するための機能の一部をご紹介します。

心拍数も一緒に測定
カレンダーでストレス傾向を把握
どんな時にストレスが高くなるのか確認

心拍数の変化からストレスを測定

心拍数の変化からストレスを測定します。約2分の測定の間で、交感神経が優位な傾向(心拍数が高い・変動がほとんどない)がみられた場合は、ストレス指数は高くなります。

逆に、交感神経と副交感神経のバランスがよい傾向(心拍数が低い・変動が大きい)がみられると、ストレス指数は低くなります。

医学的に実証されている「短時間心拍変動解析」を元に開発

心拍の変動と自律神経の関係は、1960年代から確認されていました。
1996年にはヨーロッポ心臓病学会などを中心として「心拍変動解析(Heart Rate Variabirity: HRV)」に関するガイドラインが発表され、標準的な解析手法が整備されました。


「ストレススキャン」の解析もこの「心拍変動解析」のガイドラインをもとにしており、スマートフォンで一般の方々に使いやすいように実装されています。

ご利用者の声

ストレススキャンはリリースされて約4年。その間に様々なご意見・ご感想をいただきました。

►ストレススキャンとは?
ストレススキャンはストレスを数値化するアプリ。心拍の波形から自律神経のバランスを測定します。

►FAQ
FAQページです。アプリの使い方などを解説しています。

►ストレスマガジン
ストレス対策法やストレスの基礎知識などストレスに関する様々な情報を発信しています!

この内容で送信します。よろしいですか?