頚椎症

主に中高年者に好発する疾患

頚椎症は、椎間板(椎体と椎体の間にあってクッションの役割をしている)の退行変性、椎体骨の辺縁に骨棘(棘上の突起)が形成されるなどによって、脊髄から出て肩や腕にいく神経(神経根)が圧迫、刺激を受ける疾患です。

頚椎は胸椎や腰椎に比べると、椎体は小さいですが可動性が大きく、前屈、後屈、側屈だけではなく左右に回旋するなど運動も多様で、しかも日常的に頻繁に動かすため、頸椎の可動性を担う椎間板は退行変性しやすいのです。

骨棘が形成されても、まったく症状があらわれない場合もありますが、骨棘が形成されることで神経根や脊髄が圧迫され、頸部の痛み、肩のこり、上肢への放散痛、上肢のしびれなどの症状を引き起こす場合が多いです。

進行すると、上肢の運動障害、歩行障害なども引き起こすことがあります。


追突事故などの外傷、スポーツ障害も原因になる。えっ、内臓も!?

追突事故などの外傷、スポーツ外傷が原因となって引き起こされる場合もあります。

スポーツが原因となる場合では、バレーボールなど全身を使う球技に多くみられます。

全身を使って運動すると、首が揺れる、首が振られる場面が多くなるからです。もちろん、ラグビーのようなコンタクトプレーの多い球技にも好発します。

また、胆嚢の炎症や膀胱炎など、内臓の疾患が原因で頸部に類似の症状が出る場合があります。


頚椎症と頚椎椎間板ヘルニアとの違い

頚椎症は加齢などによる頚椎や椎間板の変性、頚椎椎間板ヘルニアは椎間板の中心部の髄核と呼ばれる部分が、椎間板の亀裂を通って突出するという違いがありますが、脊髄や神経根が圧迫される点は変わりません。

したがって、2つの疾患の症状は類似するものも多いですが、異なる症状もあります。

頚椎症は、主に鈍痛と近くが鈍くなる傾向が強いのに対して、頚椎椎間板ヘルニアは上肢のしびれ主症状です。

また、頚椎症はめまいを伴う場合が多いです。特に、スポーツの試合中に他の選手と衝突をしたり、車の追突事故などが原因で頚椎症になった方にこの傾向が顕著です。


■治療について

鍼による施術の他、整体を併用します。頸部の痛みによって身体が硬直しているため、整体も併用することで緊張をほぐし、血液の循環を改善する必要があります(頚椎症の施術には、灸は用いない)。

頚椎症の施術では、施術時の患者の姿勢が重要なポイントとなります。

しびれがある場合は、まず通常の腹臥位(うつぶせ)とは異なる特殊な腹臥位(ベッドの外側に、ベッドより低い椅子を置き、患者はその椅子の上に顔を乗せ、肩もベッドの外に出した状態にする。

このようにして、頸部を前屈させることで、後頸部の筋肉に負担がかからなくなる)で刺鍼をします。

次に通常の腹臥位にして、鍼と整体による施術を行います。

また、原因の違いによって重点的に施術する部位、経穴は変わってきます。

椎間板の退行変性による頚椎症の場合は、頭部後面の経穴、正中線上の胸椎、腰椎の経穴に、追突事故、スポーツ障害が原因の頚椎症の場合は、神経根や脊髄が圧迫されている局部と正中線上の胸椎の経穴に施術を行います。



Contents

Other

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

東京鍼灸・マッサージ
コリトレールグループ

この内容で送信します。よろしいですか?