坐骨神経痛

坐骨神経と坐骨神経痛

坐骨神経は長さ1メートル以上、鉛筆ほどの太さがある神経で、腰椎下部と仙骨上部から起こり、大坐骨孔を通って骨盤の外に出て、臀部、大腿部後面を走行して、膝窩のやや上方で総腓骨神経と脛骨神経に枝分かれし、さらに下腿を走行します。

この人体最大、最長の神経の走行に沿って腰部、臀部、大腿部、下腿部など下半身に広範囲に放射性の痛みが生じる症状が坐骨神経痛です。

しかも、痛みだけではなく、下肢のしびれを伴う場合もあります。症状は片側性で、下肢を伸展した時、歩行時などに痛みが走ります。


坐骨神経痛のさまざまな原因

坐骨神経痛には腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症、脊椎分離すべり症、腰部脊柱管狭窄症など脊椎の疾患によるものがありますが、筋膜が炎症を起こした筋筋膜性のもの、長時間座位を続けることによって、または冷えによって一時的に坐骨神経に沿って痛みが出る坐骨神経痛もあります。

脊椎の疾患による坐骨神経痛は、腰椎椎間板ヘルニアによるものもあり、脊椎分離症、脊椎分離すべり症による坐骨神経痛は極めて稀です。

坐骨神経が梨状筋の圧迫を受けて、圧痛と放散痛が生じる梨状筋症候群も、坐骨神経痛の症状と似ています。

筋筋膜性の坐骨神経痛では、運動不足による臀部の筋肉の衰えが遠因となっている場合が多いです。

また、腹膜炎や腸炎の後遺症として坐骨神経走行に沿って痛みが生じる場合、子宮がん、卵巣がん、大腸がん、膀胱がんなどによって坐骨神経痛の症状が出る場合もあります。

脚気によって、坐骨神経に沿って痛みが出る場合もあります。


坐骨神経の鑑別法

腰椎椎間板ヘルニアや脊椎分離症による痛みは主に鈍痛ですが、筋筋膜性の坐骨神経痛の痛みは鋭い痛みです。

また、腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の方は、歩行時に腰部を側屈させたり、疼痛性の跛行はあまり見受けられません。

坐骨神経痛関都濃膝窩によるものと筋筋膜性、つまり運動器系に起因したものが大半ですが、そう決めつけてしまうと判断を誤り、適切な治療を施すことができません。

腹部の疾患、腫瘍、脚気などによる坐骨神経痛もあるので、さまざまな角度から分析して、原因を突き止めていく必要があります。


■治療について

中枢神経に鎮痛作用を及ぼし、中枢神経と脳内ホルモンのバランスをとるために、まず中枢神経に近い頭部の経穴に施術をします。

続いて背部にある督脈上の経穴に刺激をしていきます。

さらに坐骨神経の走行に沿って、臀部、大腿部後面の経穴、アキレス腱を刺激します。腹部への施術も効果的です。

腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症、脊椎分離すべり症などによる坐骨神経痛に対しては、背部をマッサージした後に鍼による治療を行います。

冷えが原因の坐骨神経痛には、マッサージ7、鍼3の割合でマッサージを併用すると効果的です。

また、冷えからくる痛みには、灸も効果があります。

脚気が原因の坐骨神経痛にも灸による治療が効果的です。

長時間座ることが原因となった痛みにも、マッサージを併用して、後頭部、後頸部、背部、腰部に施術を施します。

その場合、患部である下半身より、上半身に重点をおいて施術を行います。



Contents

Other

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ
関連事業