変形性膝関節症

膝関節症の特徴と原因

変形性膝関節症は、軟骨の摩耗、骨棘の形成、関節の可動域制限などが起こる疾患で、軟骨の摩耗に代表される退行性変化と、骨棘形成に代表される増殖性変化が特徴です。

また、関節に関節液が溜まる場合もあります。
外傷など明らかな原因によって発症する二次性関節症と、明らかな原因は認められない一次性関節症に大別されます。

一次性関節症は発症のメカニズムが完全に解明されたわけではないですが、通常、肥満と内反膝(O脚)の人がなりやすいです。

肥満は膝に余分な体重の負荷がかかるため、内反膝は関節軟骨の摩擦を促進するためではないかと考えられます。

体重の負荷がかかる関節は、どの関節も大なり小なり変性しやすいですが、特に膝は最も負荷がかかる関節なので、歳月の積み重ねの中で退行性の変化を起こしやすいのです。

また、運動時痛が主体で、歩行の開始時、階段の上り下り、特に階段を下りる時、長時間に及ぶ歩行で膝に痛みが生じます(安静時痛はあまりない)。

基本的に片側性ですが、両側性の場合もあります。

年齢を問わず発症しますが、老化変性をベースとして起こる疾患なので、圧倒的に中高年の方が多いです。

特に男性より、女性の発症率が約4倍と高いです。


変形性膝関節症の容貌

大半は、膝の内反変形がひどくなり、歩行時に膝を完全に伸展することができなくなります。

変性の進行によって、膝の周囲の靱帯も癒着し、筋肉も硬直化して、いわば石膏で固めたようになるので、膝の完全伸展が出来なくなるのです。

また、膝の伸展が制限されるため、立位の時に膝をやや屈曲して立つようになります(ただし、稀に伸展ではなく、屈曲が制限される場合、完全伸展と完全屈曲の両方が困難になる場合があります)。

また、膝の痛みにより歩行が不自由になると、運動量が減って、消費カロリーが減少するため、いよいよ肥満になり、水分代謝も悪くなるため、膝や足首の周囲がむくむ傾向にあります。


変形性膝関節症の鑑別法

変形性股関節症、脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症、脊椎分離すべり症などでも膝痛が出る場合もあります。

しかし、これらの疾患では膝痛だけでなく、腰痛、腰背部痛、大腿部の痛みなどを伴い、しかもそれらの痛みが主症状となるので、鑑別は容易です。

内科の検査でよく行われる膝蓋腱反射で分かるように、膝関節と中枢神経(脊髄)は関係が深いのです。

従って、膝蓋腱反射で脊髄から出た運動神経の状態を見極めた上で、的確な判断を下すように心がけています。

なお、膝の半月板損傷、前十字靭帯や後十字靭帯の損傷などスポーツ外傷によっても膝痛になるので、その点を問診によって確かめ、原因を明確にしたうえで治療に取り掛かります。


■治療について

変形性膝関節症の方は、まず膝の痛みを軽減させる必要があるので、特に膝痛に効果的な膝周囲の経穴に鍼による治療を施します。

また、下腿部にある経穴も、膝痛に効果的です。外傷を除く膝の障害は、後膝部に重点的に治療を施します。

高齢者は歩行障害に陥ると、いよいよ肥満になり、膝痛が悪化すると同時に、消化器系の内臓、器官にも悪影響を及ぼすので消化器系の内臓に繋がる経穴へ鍼による治療を施します。

脊柱管狭窄症、脊椎分離症など脊柱の障害を抱える方には、まず脊柱の周囲の血液の循環、気の循環をよくして、症状を改善することを優先します。

一方、腰椎椎間板ヘルニアの患者には、鍼による治療だけではなく、牽引などの療法も利用します。

脊椎分離すべり症の方には、周囲の筋肉を強化する運動療法を併用します(牽引はしません)。

関節内に関節液が溜まっている場合は、灸による治療を施します。

ただし、変形性膝関節症の方、特に関節に関節液が溜まっている方は糖尿病を患っている方が多いので、灸による治療は温灸を用いて行います。



Contents

Other

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ
関連事業