冷え症

身体の血液循環量が不十分な状態

冷え症は思春期や更年期の女性に多い冷感で、全身が冷える場合と、手足だけが冷える、腰部や腹部が冷えるなど部分的に冷える場合があります。

なかには頭痛、肩こりやめまい、動悸などの症状を随伴する場合もあります。

月経痛、月経不順、思春期のホルモンのバランスの崩れ、運動不足とそれに伴う運動神経の働きの低下と、血液の循環の低下、栄養不足などが原因で起こる場合もありますが、筋肉に血液を送る心臓のポンプ作用が低下して、末端に血液が行き渡らなくなって冷え症になる場合もあります。

また、貧血気味で冷え症になる場合、月経時の経血の量が多すぎて貧血を起こし、冷え症になる場合もあります。

原因はさまざまですが、血液の供給が不十分な状態なのです。


治療のポイントは自律神経の調節

内因としては自律神経やホルモン分泌の乱れ、精神的なストレスの蓄積、外因としては外の寒さ、冷房など、さまざまな原因が考えられますが、いずれにせよ血行が悪くなっている場合が多いので、血液の循環を改善する後頚部と頸部側面への温灸が効果的です(夜、足が冷たくて眠れない方は、この後頚部と頸部側面への温灸が特に効果的です)。

しかも、頸部側面にある経穴に刺激を加えることは、自律神経の調節という面から考えても重要です。

腹部に向かう自律神経は頸部側面から出ているため、この部位に刺激を与えて、腹部の内臓を支配する自律神経を調節することが、冷え症を根本的に治すことにつながるからです。

手足が冷えるからといって、手や足だけを刺激しても、あまり効果は得られません。

また、冷え症の方の皮膚の色が紫になっている場合は、肝経、胆経の経穴も刺激すると、治療効果が高くなります。

精神的なストレスが関与する冷え症の場合は、ストレスによって自律神経のバランスが崩れることで、五臓六腑の働きも鈍くなり、陰と陽のバランスが崩れてきます。

そこで、陰と陽のバランスを調整する方向で治療を行う必要があります。

特に、夜になると寒いのか、昼間が寒いのかを確認して、陽虚の場合は陽気を補ったり、状態によっては陰の側を調整するか、陽の側を調整するかを判断して治療を行っています。


体質改善するためのアドバイス

睡眠時間が少ない、生活が乱れて寝る時間が不規則になっている方に対しては、規則正しい睡眠をとることをお奨めします。

また、無理なダイエットなどで、栄養不足に陥っている方は、十分な栄養を摂取する必要があることをお伝えしています。

また、運動不足が原因の一つだと認められる方には、運動不足を解消するために、適度な運動を指示しています。

体質を改善するためには、日常の生活を見直さなければならないことが多いです。


■治療について

腹部の経穴に鍼による治療を施します。

しばらく鍼をとどめた後、へその周囲に温灸を施します。

その後、掌を使い腹部、特に内臓を刺激するように刺激を加えていきます。

冷える部位、冷えがひどい時間帯など、冷えの性質に応じて上肢や下肢の血流を調整する経穴へ鍼を施していきます。

その際、上肢、下肢ともに関節周囲の筋肉をしっかりと弛緩させ、血流を改善させるための手技なども併用します。

自律神経の調整の為、頸部側面の経穴へ刺激は治療の重要なポイントです。



Contents

Other

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ
関連事業