お悩みガイド/鍼灸治療 更年期障害

更年期障害は、「エストロゲン」という女性ホルモンが急激に減ることによって引き起こされる、ホルモンのバランスの崩れによる障害です。閉経期の女性特有の症状でしたが、最近は若い女性の患者さんも増えています。

エストロゲン薬など薬による治療をつづけ、食事や運動、睡眠など日常生活 を改善しても、あまり効果がなく、つらい症状に悩んでいる患者さんがたくさんいらっしゃいます。

当院では丁寧な問診を行った上で、ホルモンのバランスを整える治療によって、根本的な症状の改善を行います。

治療で大切なことは、患者さんと治療家の信頼関係を築くことです。当院には臨床経験の豊富な頼りになる女性鍼灸師もつねにおりますので、まったく心配はいりません。安心して、ご来院ください。

臨床経験豊富な頼れる女性鍼灸師も多数在籍しております。

≪女性疾患関連コンテンツ≫

お悩みガイド/女性疾患

お悩みガイド/鍼灸治療 月経困難症(生理痛)

機能性月経困難症の場合は、ホルモンバランスをとることが大切なので、中枢神経に対する刺激が有効です。したがって、後頭部と顔面部の経穴への刺激がポイントになります。親指の付けにある経穴は、婦人科系の疾患に効果的なので、治療には必ず用いています。また、この経穴は鍼麻酔にもよく使われており、鎮痛作用があります。

お悩みガイド/鍼灸治療 月経不順(生理不順)

仙骨(おしりの真ん中のあたり、尾骨の上にある板状の骨)の上にある経穴は、月経不順に効果がある上、月経痛で多い腰痛の改善も図ることが出来ます。足の側面にある経穴と合わせて用いています。下腹部にある経穴や足の内側面にある経穴も月経不順に効果があります。

お悩みガイド/鍼灸治療 更年期障害

当院では丁寧な問診を行った上で、ホルモンのバランスを整える治療によって、根本的な症状の改善を行います。治療で大切なことは、患者さんと治療家の信頼関係を築くことです。当院には臨床経験の豊富な頼りになる女性鍼灸師もつねにおりますので、安心して、ご来院ください。

鍼灸治療症例/女性疾患

(鍼灸治療報告)生理痛

初回は首肩のこり、頭痛で来院。ストレートネックによる背中から首の張りと身体全体の冷えがあると触診でとれました。

(鍼灸治療報告)生理不順

生理不順(40日以上こないこともあり)耳鳴り・下痢・冷え・肩こり・頭痛・食欲不振・うつ症状 上記症状で来院される前に肩こりの治療で一度来院歴あり。

(鍼灸治療報告)不妊症

自然妊娠を希望し、27年5月初来院。2月に、病院にて妊娠のための検査を受け、問題なしとのこと。6ヶ月間は、タイミング療法を希望され、排卵チェッカーで確認しタイミングをとる。 AMH34~35歳 生理周期26~28日(今は26日周期)

Contents

Other

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ

東京鍼灸・マッサージ
コリトレールグループ

この内容で送信します。よろしいですか?