アトピー性皮膚炎

自律神経の乱れがアトピー性皮膚炎をさらに悪くする

アトピー性皮膚炎は、皮膚に炎症が起きている状態ですが、根本は目に見えないところ、つまり身体の中にあるのです。

自律神経のバランスの崩れがアトピー性皮膚炎の状態に大きく影響を与えています。

自律神経は内臓、血管、皮膚などの運動と腺による分泌を支配する神経系で、心臓の脈拍数、体温、血管の収縮と拡張、腸の働きなどを調節しています。

この神経が乱れることで、さまざまな不調が起き、その結果、アレルギー体質の病気の症状が悪化する原因と考えています。

したがって、鍼灸治療では、直接、脳に働きかけることで自律神経を整えることが重要になります。

自律神経を正常に機能させ、内臓を元気にします。

特に胃腸の状態は最も重要です。東洋医学的なアプローチで自律神経の調整と身体の水分循環を改善させ、人間が本来持つ自然治癒力を高めていきます。

また、アトピー性皮膚炎は、心理的な不安、恐怖心など心因性の要素が関与している場合が多く、さらに生活習慣なども影響を与えることがあります。

アレルギー体質の原理は同じですので、アトピー性皮膚炎だけではなく、他のアレルギー体質の病気も鍼灸治療で改善ができます

。繰り返し鍼灸治療を施すことで、アレルギーに強い体質を作ることができるのです。

アトピー性皮膚炎は腸内環境からも改善が期待できる

アトピー性皮膚炎は、胃腸との関係が深いのです。食生活の乱れは腸の免疫機能を狂わせ、アレルギーが起こりやすい体質になります。

また、消化作用がうまく機能せず未消化の物が腸から血液中に送り込まれ、それに対して免疫機能が作用し、体内に炎症を引き起こす状態となります。

近年の腸内細菌の研究により、腸内環境と身体の健康の関係について様々なことが分かってきました。アレルギー体質の病気もその1つなのです。

当院では、腸を元気にする鍼治療の他、市販されているビフィズス菌などの善玉菌を摂取し腸内環境を整えるアドバイスもしています。

改善の第一歩は、生活習慣の見直しから!

アトピー性皮膚炎において食事は重要です。鍼による施術で自律神経のバランスを整えながら、栄養のある食事を心がけてください。

神経の働きを正常に保ってくれるのが豚肉やサバ、イワシなどに含まれているビタミンB群です。

しかし、日常で強いストレスを感じることが多いと急激にビタミンB群が消費されていきます。

また、ストレスを感じると副腎皮質ホルモンが分泌され全身の抵抗力を高めますが、この合成に欠かせないのがビタミンCです。

ビタミンAやEも、自律神経をコントロールし、症状を緩和させる効果があります。

小魚や乳製品に含まれているカルシウムはイライラを鎮め、不眠解消の効果があります。

しっかりと栄養を取り、しっかりと身体を休めるようにしてください。

その他、アレルギーの原因になるダニやほこりを取り除き、室内を清潔に保つことや、加湿器などで適度な湿度を保つように心掛けましょう。

爪を短く切ることもポイントです。

寝ている間に気付かずに掻いてしまう事もあり長い爪では、皮膚を傷め症状を悪化させる原因になります。

■治療について

アトピー性皮膚炎に対する施術の中で、特に重要なポイントになるのが、胸椎や腰椎の棘突起を押圧する手技です。

交感神経の神経細胞も副交感神経の神経細胞も、まず脊髄内を走行しているため、胸椎と腰椎を押圧することで、交感神経と副交感神経を刺激することができるからです。

しかも、脊柱の両脇には交感神経感が走行し、内臓につながる経穴も並んでいるため、このラインを刺激することで、交感神経と副交感神経の拮抗作用のバランスを取り戻すことができます。

また、肩甲骨の内縁を刺激する手技、鍼刺激も重要なポイントです。

肩甲骨の内縁にある経穴は万病に効く経穴で、特に自律神経を整えることに対してはめざましい効果を発揮します。

なお、お灸での施術も効果的です。

肩や背部、肘周り、膝周りにある経穴に刺激をし、免疫異常や水分代謝異常などに対してアプローチをします。

お近くの治療院へご相談ください

Contents

Other

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ
関連事業