寝違え【症状別 鍼灸治療ガイド】

【寝違え】鍼治療

【年代・性別】30代・男性

【施術コース】鍼治療

【主訴】寝違え

【病態把握】

当日の朝起きたら左の頚が痛くて来院。

仕事に負担がかかるため、早く治したいとの事。

問診していくと左を向いても、上を向いても痛みが左の後側に痛みが出る。

触っていくと、負担がかかりやすい首をしているのと冷え感もある様子。

【治療】

【治療1回目】
まず、うつぶせになってもらい頚、肩、肩まわりの筋肉が緊張強いので、弱めでマッサージをしていき、少しずつほぐれたら、自覚的に感じていた左頚後ろの所、肩甲骨内縁の阿是穴に鍼を入れて、2~3分ほど置鍼をしました。

鍼を抜き痛みのレベルと動きをみてみると治療前と痛みのレベル10⇒7くらい、動きも少しつまり感が取れていて、左を向く角度10度⇒30度、上を向く角度0度⇒15度くらいになった。

また明日の来院指導する。

【治療2回目】
1回目の治療してから次の日に来院。

昨日治療が終わってから今日の治療前に痛みと動きを診ていったところ痛み10⇒3 動き昨日治療後とあまり変わらない感じ。

うつぶせになってもらい頚、肩、肩まわりの表面の筋肉がだいぶゆるんでいるのがわかりました。

痛みがだいぶ軽減していて、まだ深層の筋肉が硬いため、動きに変化があまりみられなかったのを疑い、今回普通の力加減で頚、肩、肩まわりのマッサージをし、ポイントを狙って深い筋肉の詰まっている部位に置鍼を5分ほど置鍼。

最後に頚の動きが悪い方向の様子をみながらストレッチを入れてます。

【考察】

1回目の治療は症状が強く出ていたのであまり刺激を入れず様子をみました。

急性の症状なので多めに水分をとって寝るようにアドバイスをしました。

2回目の治療後、痛み10⇒2 動きも上を向く角度は」問題なく、左を向く角度10度⇒50度で仕事に支障がないレベルまでにはなりました。

だが、もともとストレートネックぽく冷えもあり、頚を痛めやすいことを説明し、できれば痛くなる前に継続的な治療をすすめています。

【治療院事業】

【治療家育成事業】

■サイト運営
 コリトレール株式会社

この内容で送信します。よろしいですか?