お悩みガイド/鍼灸治療 五十肩(四十肩)症例特集 

【鑑別ポイントは、痛みの出る時間帯 五十肩は鍼治療で長引かせない】

■一種の肩関節周囲の老化現象

肩の周囲の筋肉や腱、軟骨などに変性が生じ、炎症を起こして周囲の筋肉を硬くして、肩甲上腕関節の運動を制限し、やがて関節の周囲に癒着性変化が生じたもの、あるいは肩の関節包の滑膜に慢性的に炎症が起きます。

とりわけその腋窩部の癒着と滑膜腔が狭くなることによって、疼痛と運動制限を引き起こしたもので、一種の肩関節周囲の老化現象です。

正式には、肩関節周囲炎といい、40代以降、特に50代に好発するため、五十肩(四十肩)と呼ばれています。
このように、五十肩には筋肉や腱、軟骨の変性に起因するものだけでなく、内臓の機能低下に起因するもの(及び自律神経のバランスの失調によるもの)があります。
打撲などの外傷、むち打ち損傷などが原因になる場合もあります。
特にむち打ち症で第3頚椎~第7頚椎のいずれかに変化が生じると、この変化が肩の痛みとなって発現することもあります。
外傷が原因の場合は、しばらく時間が経過してから炎症が起こるケースもあります。

その他、上腕骨と肩甲骨の位置関係のズレによって神経が圧迫された場合、インナーマッスルとアウターマッスルのバランスが崩れた場合も同様の症状が起こります。

五十肩になると、腕の挙上、または肩関節の内旋、外旋しようとすると激痛が走り、肩関節の運動が制限を受け、結髪、結帯、ネクタイを結ぶ動作など簡単な日常生活にも支障をきたします。

さらに悪化すると、わずかな動きでも激痛が走り、まるで肩が凍りついたようにほとんど肩を動かすことができなくなります。
そのため、重度の五十肩のことを
フローズン・ショルダー(凍結肩)ともいいます。

■五十肩の原因を見分けるポイントは

五十肩による運動制限は、患者自身による自動的な運動が制限されるだけでなく、他動的な運動も大幅に制限されます。

突然発症するケースは少なく、徐々に発症します。主に片側に発症しますが、その後に反対側に発症するケースもあります。
患者によって痛みが増す時間は異なりますが、夜間と寒冷時にひどい痛みに襲われるケースが多く、頚部、前腕部、手などに痛みが放散する場合もあります。

五十肩は、痛みの原因が、痛いところに潜んでいるとは限りません。
五十肩の原因を見分けるポイントは、
激痛に襲われる時間帯です。
早朝に痛みが出る場合は、肝臓、胆嚢、腎臓など、さまざまな内臓の機能低下。

早朝と夜間の痛みがひどい場合は、胆石の可能性も考えられ、狭心症が原因となっているケースもあります。

■元凶にターゲットを絞った鍼治療

運動器系の変性によるものと内臓に起因する五十肩では、筋肉の状態も異なります。

このように、当院では、痛みの原因を正確に突きとめ、痛みの元凶にターゲットを絞った鍼治療を行っています。

■五十肩の鑑別法

五十肩の痛みの強さにはかなり個人差があります。
また、五十肩は疼痛が出現する時間によってさまざまな種類に分かれます。

朝方に痛みが出る人、昼間に痛みが出る人、夜中に痛みが出る人など、痛む時間帯によって原因が異なっている場合が多いのです。
早朝の痛みや夜間痛がひどい患者には胆石の疑いも考えられ、狭心症が原因となっているケースもあります。

五十肩と他の運動器系の疾患との鑑別のポイントは、腕の挙上の一点に絞って考えてよい。

肩こり、頚椎症など肩に似たような症状が出る疾患は他にもありますが、腕を挙上することができず、挙上しようとすると激痛が走る疾患は、五十肩の他にはあまり見られない。
○運動器系の変性などによる五十肩
夜間痛や朝方の痛みはさほどひどくない。
内臓に起因する五十肩と比較すると肩の周囲の筋肉が硬い。

○内臓に起因する五十肩
早朝(午前3~4時)にひどい痛みに襲われる。
肝臓、胆嚢、腎臓など内臓の機能低下が誘因となっている場合が多い。
これらの内臓の異常が自律神経の遠心性繊維を介して、肩に反射症状を引き起こしている。

■病期に応じた治療について

1.疼痛期(Freezing Phase)
安静時痛や夜間痛が出現。
日常生活では衣服の着脱、重量物の保持などが困難になり、夜間痛のために睡眠障害をきすこともあります。
期間は数週間持続することがあります。
主に疼痛の軽減と拘縮の予防を目的とし、頚部~肩部、肘の循環改善のための鍼・マッサージ治療をします。


2.拘縮期(Frozen Phase)
激しい痛みは軽減しますが、肩関節の可動域制限が生じます。
疼痛は可動域の限界に近づいたときに生じるTerminal painが中心で、この状態は数ヶ月~数年持続することがあります。
拘縮を改善することを目的とした、鍼・マッサージ治療と肩関節・肘関節にアプローチする整体法を併用します。


3.回復期(Thawing Phase)
拘縮が徐々に改善し、疼痛や不快感も減少します。
罹患者の大部分は数ヶ月~数年で自然回復すると考えられていますが、完全に回復するとはいいきれないのです。

■治療について

運動器系の筋肉や腱、軟骨の変性に起因する症状に対しては、肩関節の周囲に鍼とマッサージによる治療を行います。

一方、内臓の機能低下や内臓の疾患が原因と思われる症状に対しては、その内臓につながる経穴から治療穴を選択します。

発痛部位患部に炎症、鬱血が起こっているので、強い刺激を与えると筋肉を硬くさせてしまうことになるため、マッサージを併用する際は、三角筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋などには軽めの刺激を与えます。

夜間の痛みがひどい場合は、中枢神経を鎮静させるため後頚部や頭部側面の経穴を刺激します。

すなわち、頬車、翳風、風池、瘂門など中枢神経に近い部位の経穴を選穴します。

五十肩には自動運動も効果的です。

肩関節周囲の癒着や拘縮を防ぐために、極めて軽い運動から始めて少しずつ強度を上げていきます。

まったく負荷をかけずに肩関節を動かすより、可能ならば多少負荷をかけた方が効果的なため、2~3kgのダンベルを持って、肩関節周囲の筋肉を適度に動かす方が血液の循環も良くなり、症状の改善につながる可能性が高い。

他動運動を取り入れ、肩関節周囲の筋肉を適度に動かすことで血液循環を良くし、症状の改善につなげます。

内臓に起因する症状に対しては、軽い全身の
ストレッチを併用すると効果的です。

特に
肩関節と肩甲骨、股関節をストレッチすることで、関節周囲の筋肉や腱、深層部の経穴にアプローチできるので鍼治療と併用して行っています。

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

六本木ヒルズ
・10:00~21:00

鍼灸・マッサージ専用ダイヤル

ストレッチ・リラクゼーション専用ダイヤル

渋谷駅前院/鍼灸院
・10:00~21:00


西新橋院/鍼灸院
・10:00~20:00(土19:00)

カレッタ汐留院/鍼灸院
・10:00~21:00(日祝20:00)


代官山アドレス院/鍼灸院
・11:00~20:00


東京鍼灸・マッサージ
コリトレールグループ

この内容で送信します。よろしいですか?