Contents

Other

私と鍼灸(三木谷浩史 氏)
福利厚生ご担当者様へ
採用情報トップページ

【症状別 治療ガイド】

「私たちが治療しています。」(症例報告)


【五十肩】

【年代・性別】50代・女性

【施術コース】鍼60分コース

【症状】

来院3ヶ月前から左肩の周囲に痛みを感じるようになった。以前にもたびたび肩こりに悩まされた経験があったのでまた肩こりの症状だと思ってしばらく放置していた。そのうち「動かしても動かさなくても痛い」「肩が上がらない」

着替えの際に服の袖に腕を通すのも辛いなどの症状が現れたため来院した。


■初回の治療

問診をし、動く範囲で動かしてもらって可動域範囲を確認。肩を上げる動作、腕を後ろにもっていく動作の痛みが強い。
触診をしてみて肩の周囲の筋肉が硬くなっているところ、動かして痛みが出る部分、首や側頭部の経穴に対しても鍼施術を行いました。

1回目の治療後、動かしやすくなって動く範囲も広くなった。

まだ、ふとした瞬間痛むことがあるため、1週間ごとに通院するようにお伝えしました。


2,3回治療をして初回来院前より痛みは軽減し、4回目の治療で痛みは完治、肩の動きも改善しました。
現在、可能な範囲で肩関節のストレッチも取り入れながら肩の動く範囲を広げ、首や肩のこりを少しでも残さないように治療継続中です。

五十肩は痛みが軽減したからといって治療を途中でやめてしまうと運動制限が改善しないままの状態になり、日常生活動作に支障が出ます。症状は徐々に発症するケースが多く、主に片側に発症しますが、その後反対側に発症するケースもあるので、完治するまでしっかりと治療を継続することが大切です。

痛みが起こる時間帯によっては内臓に起因する五十肩と判断する場合もあるので、問診でこれまでの経緯を伺い治療計画をお話しします。


今回の施術担当は

鍼灸師

高橋 英朗先生(平成24年4月入社)  

ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院

【得意な治療】

肩こり・頭痛・腰痛など

お知らせ

美容鍼

美容鍼

ビフィズス菌サプリメント

スリムビフィ

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ
関連事業