【頭痛】

【年代・性別】30代・男性 大手広告代理店勤務

【施術コース】鍼40分コース

【症状】

仕事はほとんどパソコン操作。首肩こりは慢性的で頭痛や吐き気が強い。

以前は市販の頭痛薬を飲むと落ち着いたが最近は効きが良くない。

睡眠もあまりとれず時間があってもなかなか寝つけず途中で目が覚めたり夢をよくみる。

夢の中でも仕事をしているみたいで朝起きたときにはすでに気持ちが疲れていて体がだるい。

パソコン作業が出来ないほど頭痛が強まったため来院。

■初回の治療(鍼40分コース)

昼休みの間に来院されたので時間がなく40分コースで対応。

問診でどのような経緯で発症したのかを確認します。

今回は過度のパソコン操作による慢性的な首、肩、腕の疲労と仕事のトラブルによる大きなストレスとその対応のため睡眠時間が減ったことにより発症した緊張型頭痛と判断しました。

まず、うつ伏せの状態で首、肩、背中にマッサージと鍼を施します。鍼は初めてで少し不安とのことだったので一番細く、短い鍼で刺激が出過ぎないように首、肩に鍼をします。

この時点で肩の張りに変化があり、腕に血液が流れてきたのがわかり、手にあたたかさを感じることができると仰ってました。

仰向けになり腕、指先をしっかりマッサージでほぐし、肩関節のストレッチをします。

腕への鍼は少しだけ刺激が出やすいので今回は見送りました。

首、肩の鍼でしっかり変化が出ていたのでこれ以上の刺激は治療後にだるさが強まる、身体に負担がかかると判断しました。

治療後かなり頭痛が軽減したのを確認し、初回の治療は終了です。

■2回目の治療(鍼60分コース)

2回目は初回から1週間後になります。
前回の治療後は頭痛が軽減しその日はよく眠れて翌朝の目覚めが違った、2~3日は睡眠や体の疲れは落ち着いていたがその後は疲れが戻ってきたとのこと。

このことから、治療ポイントの有効性がわかったが治療効果の持続にはいたっていないことがわかり、前回同様の治療ともう少し踏み込んだ治療を進めていきます。

疲れは戻ってきてはいたものの、患者様自身で毎晩ストレッチをしてくれていましたので、今回はさらに高い治療効果が出すことができました。

鍼への抵抗や恐怖感は弱まっていたので、今回は体に対しての鍼では一番細い鍼を使って治療しました。

前回使った鍼は顔に対しての鍼で、敏感な顔は体に使う鍼よりさらに細い鍼となっています。

前回は顔用の鍼を体に使ったので鍼を打ったことも気づかなかったと仰っていました。

■3回目の治療(鍼60分コース)

3回目は前回から1週間後になります。

前回は2~3日の持続効果でしたが、今回は1週間、睡眠がしっかりとれ、頭痛もなかったと来院。

肩こりがなくなったわけではないがかなりの改善を実感されていました。

今回は、患者様が肩の次に気になっていた腰から足にも時間を多くとり、全身しっかりマッサージと鍼を施して治療を終了しました。

3回の治療を終えて頭痛の治療は一段落とし終了しました。

その後は、仕事量の関係で症状が再発するのを予防するため月に2~3回の体のメンテナンスとして治療を続けていますが再発の兆候は見えていません。

今後はご自身で運動、ストレッチをメインに補助的な役割としての鍼灸治療を勧めました。

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

六本木ヒルズ
・10:00~21:00

鍼灸・マッサージ専用ダイヤル

ストレッチ・リラクゼーション専用ダイヤル

渋谷駅前院/鍼灸院
・10:00~21:00


西新橋院/鍼灸院
・10:00~20:00(土19:00)

カレッタ汐留院/鍼灸院
・10:00~21:00(日祝20:00)


代官山アドレス院/鍼灸院
・11:00~20:00


東京鍼灸・マッサージ
コリトレールグループ

この内容で送信します。よろしいですか?