お悩みガイド/坐骨神経痛(鍼灸治療報告)

【年代・性別】40代・女性

【症状】

就寝時の姿勢、デスクワークによる長時間の座位により臀部、梨状筋の緊張が強くなり、坐骨神経の走行に沿ってしびれが出る。

痛みとしびれで起きてしまうくらいに症状が悪化したので、少しでも早く痛みと痺れをとりたいと来院。

【所見】

徒手検査で腰椎に問題がないか検査したところ問題がないことを確認できたので、腰部筋筋膜性による痛み、坐骨神経痛と判断。

【初回治療】

長時間の座位によって肩部、背部の緊張もあるため、手技で上半身全体を緩めたあと、腰部、臀部、下肢に鍼・マッサージ施術。

とくに梨状筋、委中(いちゅう)、承山(しょうざん)、足関節周囲をメインに鍼刺激をしました。しびれ症状が出ているため、間隔を空けずに来院するようにお伝えし、初回の治療は終了しました。

【2回目の治療】

初回治療日から3日後に来院。

疼痛・しびれともに軽減、坐骨神経根幹へのアプローチに加えて、鎮痛作用のあるツボ、風池(ふうち)、天柱(てんちゅう)、肩井(けんせい)、身柱(しんちゅう)や梨状筋停止部への鍼刺激と下肢への血流阻害が起こらないように押圧で刺激しました。

腰部、臀部の筋緊張も重要ですが、股関節周りの循環を良くしておくことも重要なので、2回目の今回からは鍼・マッサージに深部の筋肉の緊張をとるためストレッチも取り入れながら治療していくことを説明しました。

【3回目の治療】

2回目の治療から1週間後の来院。

2回目の治療後、しびれを感じることがなくなり、夜中に痛みとしびれで目が覚めることがなくなったと喜ばれていました。

以後、鍼治療にストレッチの併用は継続し、腰部、臀部の筋緊張を改善していくために1週間に1回の治療を提案し、現在も継続中。


お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ
関連事業