お悩みガイド/膝痛・左首肩の痛み(鍼灸治療症例報告)

【年代・性別】50代・男性(会社員)

【主訴】

右膝痛・左首肩の痛み

5~6年前から続く、慢性的な左膝内側の痛み。軽い動作なら問題ないが、長時間の歩行、階段を上り下りするなどの動作で徐々に痛みが出てくる。

左首から左肩にかけての痛み。痛みの箇所はぼんやりしているが、斜角筋ラインに近い。

早く振り向く、物にぶら下がるなどの動作で攣るような痛みがある。

【病態把握】

ボルダリングが趣味で、数か月に一度程度登山に行っている(ボルダリングジムには2週間に一度のペース)。

膝も肩も痛みを無視して登山に行っていたら慢性化してしまったとのこと。

膝)圧アプレーテスト陰性、筋肉を長く使うと痛みが出ることから、内側側副靭帯・内転筋群の炎症と判断。

肩)左斜角筋のラインに、右側より強い硬結。痛みがピークを過ぎやや軽減してきているとのお話から急性の炎症だったものと判断。

【治療】

1回目の治療
伏臥位で首・腰から膝を重点的にマッサージ後、首の硬結・上大椎・左の肩貞・背中の硬結・志室・殷門・風市・委中・承山に単刺、上大椎・左風市・委中に置鍼。抜鍼後、左側臥位で天窓・棘上筋・三角筋・外関、仰臥位で足三里と膝周りを刺鍼。
施術後、立ち上がって膝へ負荷をかけた時の感覚が以前と違い「膝が軽くなったような感じがする」とのこと。
首・肩の痛みは7割ほど改善。
日常的にボルダリングなどの激しい運動をするということで、自宅ケアのために市販されている台座灸をおすすめし、治療計画書で施灸ポイントを説明し施術終了。

2回目の治療
10日後にご来院。前回の治療後、首・肩の痛みはなくなり腕・肘(肩貞付近~上腕外側)へと移ったとのこと。膝の痛みも軽くなったので、再発しないようお灸も続けているとのこと。
今回は膝を重点的に施術。伏臥位で首~腰まで前回同様に行った後、殷門・委中・委陽・陰谷・承山・飛揚・太渓・崑崙に刺鍼、仰臥位で膝蓋骨周辺・陰陵泉に置鍼。
今回の治療後、長めに休暇を取って登山に出掛けるとのことで新しい施灸ポイントや旅先で膝が痛くなった時の対処法等を口頭と治療計画書で説明。

3回目の治療
41日後にご来院。前回の治療後、膝の痛みは全く気にならなくなりお灸もしなくなった。登山旅行の間も痛むことはなかったとのこと。
腕・肘の痛みは左肩(肩貞付近)~腋窩に移動する。
今回は肩周囲を重点的に天宗・肩貞・曲池などへ刺鍼し、動かして痛みが出ない範囲で肩・腕のストレッチを多めに行う。
今後も膝の様子を見つつ肩のケアをするため2週間に一度程度のご来院をお勧めし施術終了。


今回の施術担当は

鍼灸師

山川 瑛梨果先生

コリとれーるカレッタ汐留院所属

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

東京鍼灸・マッサージ
コリトレールグループ

この内容で送信します。よろしいですか?