鍼灸の適応症

1997年、アメリカの国立衛生研究所(NIH)が、手術後の吐き気、妊娠時のつわり、手術後の痛み軽減など、一部の病態、症状に対して、鍼灸治療の効果について認める声明を発表しています。
ここでは、WHO(世界保健機関)で認めている適応症を紹介いたします。

   鍼灸の適応症
神経系疾患 神経痛神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ
運動器系疾患 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症
循環器系疾患 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧症・低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系疾患 気管支炎・喘息・風邪および予防
消化器系疾患 胃腸炎(胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多・下痢便秘
胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍
代謝内分泌系疾患 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
生殖・泌尿器系疾患 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大
婦人科系疾患 更年期障害・乳腺炎・生理痛月経不順・冷え性・不妊
耳鼻咽喉科系疾患 中耳炎・耳鳴・難聴メニエール病・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃炎
眼科系疾患 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
小児科疾患 小児神経症(夜泣き・かんむし・消化不良・偏食・食欲不振・不眠)
小児喘息・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

※世界保健機関(WHO)は、1996年10月28日-11月1日にセルビアで”鍼に関する会議”を開催し、1999年には、鍼治療の基礎教育と安全性に関するガイドラインを提示した


Contents

Other

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ
関連事業