楽天の新社屋内に社員専用治療院 「HARI-UP」が誕生

社会に求められる鍼灸を提案

楽天三木谷浩史会長と劉先生 楽天クリムゾンハウスにて

楽天三木谷浩史会長と劉総院長 楽天クリムゾンハウスにて

楽天社内に鍼灸マッサージ治療院がオープン

インターネット大手の楽天株式会社は昨年秋、本社移転機能を東京都二子玉川に移転させた。

それに伴い、同社新社屋(通称クリムゾンハウス)内に社員専用の鍼灸マッサージ治療院がオープンした。

「ハリアップ楽天クリムゾンハウス院」の誕生

~院内では英語によるコミュニケーション~

運営を任されているのはコリトレール株式会社。通常の店舗と同様、コリトレールの鍼灸治療院ブランド「HARI-UP」の看板が掲げられ(正式名称は「ハリアップ楽天クリムゾンハウス院」)代表を務める医学博士 劉勇氏のドクター・リウ・メソッドによる鍼治療とマッサージ施術が提供されている。

ベッドは3台。常勤スタッフ2人により、1日13人前後を治療している。疲労、肩こり、目の疲れなどのデスクワークに起因する愁訴のほか、子育てによる腕のだるさ、休日に行ったスポーツ障害などで来院する人も多いという。

また、同社は国際的な企業であるため、治療院には外国人社員が定期的に来院。施術メニューには英語表記が義務付けられ、院内では英語によるコミュニケーションが行われている。

企業側と鍼灸師側の双方にメリット

~メンタルヘルス改善に有効性~

劉勇氏は今回の治療院オープンにあたり、企業側と鍼灸師側の双方にメリットがあると述べている。

「タワー型のオフィスにいると、外に出る時間がもったいないために痛みを我慢しがちです。すると、生産性が落ちます。

企業が社内にこのような治療院をつくってあげれば、社員は安心して仕事に打ち込めます。

一方、鍼灸師側も鍼灸が社会に求められていることを実感できます。

コリトレールでは今後、このような法人向けサービスを強化することを検討しており、鍼灸が社会に貢献できることをアピールしていきたいと思っています。」

掲載誌:医道の日本 2016年1月1日号

▶医道の日本 購入

関連コンテンツ

RNN(RakutenNewsNetwork)

取材記事

私と鍼灸(三木谷浩史 氏)

世界的な鍼灸ブームの予感がします。 日本鍼灸界の皆さん、がんばってください。

法人内治療院(企業内治療院)、社員専用治療院のご相談は

ストレスチェック後の治療相談はこちら

Contents

Other

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ
関連事業

この内容で送信します。よろしいですか?