【左大腿部の肉離れ・右腰の痛み】鍼灸治療

【年代・性別】30代・女性

【症状】

趣味のテコンドーで練習している時に、態勢を崩した際、変な体勢から受け身を取った時に痛みが出た。
左大腿部を触れるだけでも痛い。ストレッチは痛くてできない。
負傷時から熱感もあり、あぐらの動きができない。右腰は押圧だけでも痛く、腰を前屈・後屈、また回旋時にも痛みがあり、歩き方にも支障がでているため、日常生活に影響が出ないように早く治したいと来院。

【初回治療】

ケガされた翌日に来院。

左大腿部の動きが悪く、触るだけでも痛む状態。筋肉が力のない状態でストレッチもできるような状態ではないことから肉離れと判断。

腰部に関しては、圧痛箇所を確認しながら炎症部位はアイシングをしつつ、背部から腰部、大腿部を弱圧で表層部をほぐしてから鍼刺激をしました。

大腿部は触れるだけでも痛いので、指圧はせず疼痛のある個所と筋肉の起始部・停止部に鍼施術をしました。

現状況では、長時間の立ちっぱなしや軽い運動も悪化させる恐れがあるため、安静にするようにお伝えしました。

【2回目の治療】

前回の治療から3日後に来院。 

ケガの3日後くらいから負傷部位に内出血が広がっていたと患者さんが仰いましたが、筋肉挫傷では数日間は内出血が起こること、1週間から10日後くらいには経過とともに改善していくことをお伝えしました。

前回の治療から腰部、とくに右腰と大腿部の可動域がやや広がり、痛みも落ち着いてきた様子。局所の熱感も落ち着いていたので、初回の治療翌日には痛みが軽減。歩行時の動きもスムーズになり、動きに伴う可動域痛も軽減。

腰部深層部につながる筋肉は頚部にもつながっているので、首肩の緊張もとりながら、背部、腰部、臀部、下腿部への指圧と鍼施術。骨盤周り、腸骨稜の筋肉の硬結がでると腰部、股関節の動きに影響がでるため、可動域を確認しながら、ゆっくり時間をかけてほぐしました。

この患者さんは負傷翌日に来院され、その後も間隔を空けずに来院されていたので、患部への直接アプローチが難しい期間でも筋肉の起始部・停止部からしっかりとほぐし、筋繊維の炎症も早く回復させることができました。

【考察】

スポーツによる負傷や衝突によって痛めた頚椎捻挫、むち打ちなど、急性の症状にも早い段階で鎮痛作用のある鍼治療をされると、今回のように筋肉の再生も早めることができるので、長引かせることなく治癒できます。

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

六本木ヒルズ
・10:00~21:00

鍼灸・マッサージ専用ダイヤル

ストレッチ・リラクゼーション専用ダイヤル

渋谷駅前院/鍼灸院
・10:00~21:00


西新橋院/鍼灸院
・10:00~20:00(土19:00)

カレッタ汐留院/鍼灸院
・10:00~21:00(日祝20:00)


代官山アドレス院/鍼灸院
・11:00~20:00


東京鍼灸・マッサージ
コリトレールグループ

この内容で送信します。よろしいですか?