MENU

月経困難症(生理痛):月経困難症/鍼灸治療レポート 2

30代 女性
症状:生理痛(月経痛)

現病歴

2〜3年前から月経の周期が安定しない。生理中は痛みがつらく、腰も重だるくなる。
体のリズムを整えたいと来院された。

鑑別診断

月経期間中、下腹部が痛み胸が張るような違和感がある。月経が終わると楽になる。
気血の巡りが悪いことでおこる生理痛(月経痛)と判断。

治療法

血行不良の改善を目的とし、期門(きもん)、大衝(たいしょう)、血海(けっかい)、膈兪(かくゆ)、関元(かんげん)を中心に
鍼治療を施し置鍼する。状態を確認すると、腹部の圧痛が減少しており、胸の張りも楽になった。
骨盤内の血行循環を良くする選穴で腰周りを含めた局所の鍼治療と全身へのマッサージも含めて治療終了。

月経周期にあわせて月に2日程度の頻度で来院され、月経前とホルモンバランスの調整のための周期の間の鍼治療を重ねるうちに、以前ほどの辛さを感じにくくなってきている。

月経困難症(生理痛)のページを見る

ご相談・お問い合わせ

全店舗、どのような症状でも治療が可能ですが、
特殊な症状がひどい方は豊富な治療実績を持った店舗へ行くことをオススメします。

麻布台ヒルズ院 AZABUDAI HILLS

麻布台ヒルズ院

六本木ヒルズ院 Roppongi Hills

六本木ヒルズ院

セルリアンタワー院 Cerulean Tower

セルリアンタワー院

カレッタ汐留院 Caretta Shiodome

カレッタ汐留院
当面の間、土日・祝日は短縮営業のため10:00~20:00となります。

西新橋院 Nishishinbashi

西新橋院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院(東京慈恵会医大付属病院前)」で運営しております。月曜日・水曜日、完全予約制となっております。ご了承くださいませ。