MENU

変形性膝関節症:変形性膝関節症/鍼灸治療レポート5

女性 70代 主婦
症状:右膝関節痛

現病歴

以前より膝の痛みがあり通院をされている。
旅行等で歩行時間が長いと、膝の関節全面外側から腓骨頭付近にかけて痛みとだるさが出るようになり、ふだんは手押しタイプのキャリーケースを常用している。
少しでも楽に動けるようにと、ハリアップ六本木ヒルズ院に来院された。

鑑別診断

膝の腫脹(-)、熱感(-)、膝関節屈伸時のクリック音(-)、右SLR(-)、ケンプテスト(-)
股関節の硬さ、陽陵泉周囲の硬さ、足関節内側部の硬さが顕著で、年齢的に変形性膝関節症の可能はあるものの直接的ではないと判断した。

治療法

日常、キャリーケースでの移動が多く、身体の右側で押し歩きしている場合が多いことなどから、左右の足への荷重のアンバランスが影響していると考え、股関節、膝関節の硬さを改善する方向で、鍼治療とストレッチを併用した治療を行った。
大腿部前面の硬さの改善のため、髀関(ひかん)、血海(けっかい)に、膝関節周囲の筋緊張改善に膝裏の委中(いちゅう)や下腿部の陽陵泉(ようりょうせん)、陰谷(いんこく)に刺鍼し、膝関節周囲・股関節のストレッチで関節周りの筋肉にアプローチ。足関節の硬さもみられるため、太谿(たいけい)、崑崙(こんろん)にも刺鍼した
1回目の治療では膝関節周囲の辛い痛みが改善したものの、曲げ伸ばしの悪さが依然としてあり、段差などの乗り越えが辛い状態は変わらず。
2回目の治療から膝関節周囲の痛みは徐々に軽減し、曲げ伸ばしもしやすくなっている。
他覚的には膝関節周囲の硬さの改善が診られるようになった。
治療後はかなり歩きやすくなるものの、歩く距離、頻度により膝の痛みや調子の変化は変わる様子。
大腿後面、股関節前面の硬さはかなり改善しているものの、腓骨外側周囲のだるさは歩く頻度で出現傾向が強いため、再度アプローチが必要で、現在も治療を継続されている。

変形性膝関節症のページを見る

ご相談・お問い合わせ

全店舗、どのような症状でも治療が可能ですが、
特殊な症状がひどい方は豊富な治療実績を持った店舗へ行くことをオススメします。

麻布台ヒルズ院 AZABUDAI HILLS

麻布台ヒルズ院

六本木ヒルズ院 Roppongi Hills

六本木ヒルズ院

セルリアンタワー院 Cerulean Tower

セルリアンタワー院

カレッタ汐留院 Caretta Shiodome

カレッタ汐留院
当面の間、土日・祝日は短縮営業のため10:00~20:00となります。

西新橋院 Nishishinbashi

西新橋院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院(東京慈恵会医大付属病院前)」で運営しております。月曜日・水曜日、完全予約制となっております。ご了承くださいませ。