MENU

変形性膝関節症:変形性膝関節症/鍼灸治療レポート10

女性 80代 専業主婦
症状:右膝の痛み、歩くと痛い

現病歴

2021年10月来院。数年前から右膝に痛みが出るようになり、病院で関節に骨棘がみられ変形性膝関節症と診断を受けた。歩いていると痛みが強くなってきて、階段を降りる際に右足に体重がかかると痛み出す。
手術を勧められたが、手術後動けなくなりそうで手術はしたくない。ご主人がセルリアンタワー院で施術を受けているため、早く痛みをとりたいと当院へ来院された。

鑑別診断

右膝ともに関節水腫や膝蓋跳動は見られない。前方引き出し、後方引き出し、内外反ストレステストによる関節の動揺も特になし。
O脚変形が強く見られ、膝蓋骨を動かした際に上下左右動きが悪い。
両膝の屈曲のROMが10~80°程までしかいかず0°まで進展しきらない。右膝に体重をかけた際に関節に痛みが出る。
下肢全体の筋緊張がみられ、殿筋群、大腿四頭筋、大腿二頭筋、膝窩筋がとくに顕著なこと、上記触診により、変形性膝関節症による膝の痛みと判断した。

治療法

1回目の鍼治療は膝の神経、血管は膝の表ではなく裏にあるため、膝裏中心の施術を。
頚部から腰部、下肢にかけてマッサージし全身の血流促進、さらに膝裏をマッサージで刺激するとこれだけでも膝の動きの改善が見られ、驚きを感じられていた。
上大椎(かみだいつい)、志室(ししつ)、環跳(かんちょう)、承山(しょうざん)に刺鍼後、膝裏の委中(いちゅう)に置鍼。施術後、体重をかけた時の痛みが10→5まで軽減したことを確認。関節可動域は90°程まで改善した。
膝蓋骨の動きはまだ改善されていないため、外膝眼(がいしつがん)、内膝眼(ないしつがん)、陽陵泉(ようりょうせん)に刺鍼し、その後、膝関節の可動域をひろげるための整体・ストレッチを行なった。
施術後は施術前より深く屈曲できるようになり、通常の角度の110°程まで改善した。
痛みも10→3まで軽減し、自宅で膝のタオルを用いた関節に負担のかからない屈伸体操(劉先生著:長生きする体操を参照)を指導。
2回目は1週間後の来院。
来院初日は膝が痛く渋谷の街中を歩くのが不安だったが、この日は歩いていても痛みがなく安心して歩けたとのこと。体重をかけた際の痛みは10→2までに改善。前回とほぼ同様の施術を行い、施術後は痛みが消失した。
膝の変形自体は残っているので、普段のケアや治療の継続はとても大切だと理解をしてもらい、現在も変形が進行しないよう、痛みの再発予防に定期的に鍼治療を継続されている。

変形性膝関節症のページを見る

ご相談・お問い合わせ

全店舗、どのような症状でも治療が可能ですが、
特殊な症状がひどい方は豊富な治療実績を持った店舗へ行くことをオススメします。

麻布台ヒルズ院 AZABUDAI HILLS

麻布台ヒルズ院

六本木ヒルズ院 Roppongi Hills

六本木ヒルズ院

セルリアンタワー院 Cerulean Tower

セルリアンタワー院

カレッタ汐留院 Caretta Shiodome

カレッタ汐留院
当面の間、土日・祝日は短縮営業のため10:00~20:00となります。

西新橋院 Nishishinbashi

西新橋院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院(東京慈恵会医大付属病院前)」で運営しております。月曜日・水曜日、完全予約制となっております。ご了承くださいませ。