MENU

耳鳴り・突発性難聴:突発性難聴/鍼灸治療レポート16

男性 50代 会社員
症状:突発性難聴

現病歴

来院される3ヶ月前に突然、左耳が聞こえなくなった。病院で診察を受けたところ、突発性難聴と診断。原因は不明。
ステロイドや利尿剤などの治療をおこなったがあまり効果がなく、鍼灸治療を試したく、当院のホームページを見て来院された。
日常的にストレスや疲れなどはあったが、そこまで強いものではなかったと話してくださった。

鑑別診断

喫煙本数は1日20本吸う。難聴の増悪因子として、雨の日、飲酒の翌日はかなり聞こえが悪くつらい。寛解因子は不明。
ストレスの程度、疲労の程度は不明だが、増悪因子から考えて、東洋医学の考え方で診断すると痰湿、身体に溜まった余計な水分が耳を塞いだ結果浮腫んで、難聴になったと考えられる。

治療法

仰向けになり、耳周りの血流改善のために耳門(じもん)、翳風(えいふう)などに刺鍼。自律神経のバランスを整える百会(ひゃくえ)にも刺鍼を。
痰湿を取り除くため、下腿の陰陵泉(いんりょうせん)や脾、腎の働きを促進させる足三里(あしさんり)や太谿(たいけい)のツボに刺鍼。
次に、うつ伏せで頚部から背部と全体的にマッサージしてから、頚肩の緊張緩和のため天柱(てんちゅう)、風池(ふうち)、上大椎(かみだいつい)に刺鍼し、水分代謝やリンパの流れを良くするために肝兪(かんゆ)、脾兪(ひゆ)、大腸兪(だいちょうゆ)、膀胱兪(ぼうこうゆ)に刺鍼した。
ストレス緩和のため膏肓(こうこう)に刺鍼し、東洋医学で耳に関係する腎兪(じんゆ)に5分間置鍼し、抜鍼後、築賓(ちくひん)で水毒をとるツボに刺鍼した。
1回目の治療の後に病院の検査を受けた結果、聴力の数値が回復しており、自覚的にも聞こえ方が違った。耳の横で爪をはじいて最初は5㎝で聞こえなくなったが、治療を重ねるごとに段々と距離が伸びて25㎝くらいまで聞こえるようになった。治療の最後に、耳孔の手掌圧迫で外耳、中耳に刺激を与え終了。
雨の日や飲酒の翌日は聞こえが悪いことが続いたが1~2週に1回の施術を3ヶ月継続し、聴力は改善した。

生活指導

ストレスや自律神経のバランスが崩れて水分代謝が低下しやすく、リンパの流れが滞って、耳の中が浮腫み聴覚神経に影響を与えていることを説明し、水分吸収する大腸の働きを改善するために、ビフィズス菌・乳酸菌配合のベイビーフローラの摂取をお勧めし、腸内環境の改善を提案。善玉菌のエサになる蜂蜜やアマニオイルやエゴマ油のオメガ3系の油の同時摂取もお勧めした。
また、ご自宅でもセルフケアとして、耳孔の手掌圧迫法を続けるよう指導した。

耳鳴り・突発性難聴のページを見る

ご相談・お問い合わせ

全店舗、どのような症状でも治療が可能ですが、
特殊な症状がひどい方は豊富な治療実績を持った店舗へ行くことをオススメします。

麻布台ヒルズ院 AZABUDAI HILLS

麻布台ヒルズ院

六本木ヒルズ院 Roppongi Hills

六本木ヒルズ院

セルリアンタワー院 Cerulean Tower

セルリアンタワー院

カレッタ汐留院 Caretta Shiodome

カレッタ汐留院
当面の間、土日・祝日は短縮営業のため10:00~20:00となります。

西新橋院 Nishishinbashi

西新橋院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院(東京慈恵会医大付属病院前)」で運営しております。月曜日・水曜日、完全予約制となっております。ご了承くださいませ。