MENU

変形性膝関節症:変形性膝関節症/鍼灸治療レポート16

男性 70代
症状:左膝変形性膝関節症、右膝の痛み

現病歴

初めて膝に痛みを感じたのは約1年前。階段を下がる度に左膝の内側に刺すような痛みがあった。
最初はただ歳をとったせいかと思っていたが、それから2ヶ月にかけて痛みが徐々に悪化し、歩く時やただ座った状態から立ち上がる動作だけでも痛みが出現するようになった。
このままだと日常生活に支障が出ると思い、病院に駆けつけ診察を受けたが年齢のせいで膝関節の変形が進んでいるので筋力を上げましょうと言われ、鎮痛剤の処方のみとなった。
それから神経ブロックにも頼ったりもしたが、痛みは続き治ることもなく最近は右膝まで痛み出すようになったため、今できる治療法探していたところ、鍼治療で膝の痛みが改善したという話を聞いて検索し、ハリアップカレッタ汐留院に来院された。

鑑別診断

痛みは歩く時、階段を下がる時、長時間座位で起き上がる時など動作時に発生することが多く、体重がかかるとより痛みが増強する。
足をそろえて立ってもらうと両膝の間に空間が開いており、O脚が進行していることが確認できる。膝の浮腫、熱感、発赤などはなく、炎症の所見は特にないことも確認。
股関節、足関節の動きが硬くて不自然なため話を聞くと、以前アキレス腱断裂を誤診で長く放置したことがあり、手術後も以前のように歩ける状態ではないと話された。
一番の原因は股関節にあると予想し、施術に入った。

治療法

腰部、股関節の動きを確認し動作改善のため、腰部の志室(ししつ)、腎兪(じんゆ)、大腸兪(だいちょうゆ)、臀部の環跳(かんちょう)に刺鍼し、抜鍼後は股関節周り動き改善にマッサージ・ストレッチを併行した。
膝の痛みは膝裏へのアプローチが重要であるため、膝裏をに付着する筋肉にアプローチし、膝裏のツボ委中(いちゅう)などに置鍼し、赤外線で温めながら循環を促した。
次にアキレス腱など足関節を構成する要素にアプローチし、動きをよりスムーズにさせると同時に改善された股関節と足首の動きを利用し、膝の抵抗運動や整体を行った。
その後、膝を動かしながら痛みを確認したところ、痛みの度合いが5割軽減したことを患者と確認。

約1年間、症状改善に向け取り組んできたが、症状の変化を実感したのは今回が初めてだったと、とても喜ばれていた。
それからは、1ヶ月間、週に1回のペースで治療を行い、左膝の痛みが消失。右膝は痛い時もあるが、徐々に改善に向かっている。

変形性膝関節症のページを見る

ご相談・お問い合わせ

全店舗、どのような症状でも治療が可能ですが、
特殊な症状がひどい方は豊富な治療実績を持った店舗へ行くことをオススメします。

麻布台ヒルズ院 AZABUDAI HILLS

麻布台ヒルズ院

六本木ヒルズ院 Roppongi Hills

六本木ヒルズ院

セルリアンタワー院 Cerulean Tower

セルリアンタワー院

カレッタ汐留院 Caretta Shiodome

カレッタ汐留院
当面の間、土日・祝日は短縮営業のため10:00~20:00となります。

西新橋院 Nishishinbashi

西新橋院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院(東京慈恵会医大付属病院前)」で運営しております。月曜日・水曜日、完全予約制となっております。ご了承くださいませ。