MENU

腰痛症:腰痛症/鍼灸治療レポート24

男性 30代 会社員
症状:腰痛症

現病歴

コロナが緩和しはじめ会食が増えてきたことで、右背中から腰への張り感や痛みを感じるようになった。それに伴い、肩こりも強くなってきた。
以前、ぎっくり腰になったことがあるため、このまま放っておくとまたぎっくり腰を繰り返すかもしれないと、怖くなり来院された。
毎日のようにお酒を飲んでおり、食事は夕食の1食に制限している。来院前日の会食では、ハイボール5杯にワインを2本ほど飲んだ。本日は便秘気味で、腹部の膨満感もある様子。

鑑別診断

前屈ではやや張りや痛みを感じる。後屈、側屈により痛み等は出ない。
胸腰椎移行部付近と右起立筋肉状にやや腫脹、硬結が見られる。
腹部の膨満感、触診での硬さ、最近の食生活を考えると、内臓性の腰痛症、肩こりが考えられる。

治療法

まず、伏臥位で天柱(てんちゅう)、風池(ふうち)、完骨(かんこつ)、大椎(だいつい)、上大椎(かみだいつい)に刺鍼し、脳からの鎮痛物質の分泌を促進。また、肩の筋緊張緩和を目的に刺鍼した。
その後、肝臓の疲労などに対して背中の胸椎9番の横の肝兪(かんゆ)に刺鍼。腸など内臓との関わりが深い、腰部の志室(ししつ)、大腸兪(だいちょうゆ)に置鍼を。
臀部に筋緊張がみられたので、腰の志室(ししつ)、仙骨の周り、股関節周りの環跳(かんちょう)に刺鍼し、側臥位で肩部に対して緊張の強い上大椎、志室へ単刺した。
最後に仰臥位で中脘(ちゅうかん)、大横(だいおう)、脇腹にある帯脈(たいみゃく)に対して刺鍼し腹部の緊張を緩め、胃腸の働きを促した。
さらに下腿部にも刺鍼し、内臓機能を高め自律神経のバランスをとったあと、負担のかかりやすい臀部の緊張をほぐすため、臀筋群のストレッチを行った。
施術後は腰、肩、背中全体が軽くなり、痛みも消失した。

生活指導

お酒を飲む頻度や食事量は変えられないとのことだったので、意識して水分を多く摂り肝臓への負担をやわらげること。
胃や腸の調子を整えることで老廃物の排出を促すこと。腸内環境改善のためビフィズス菌(ベイビーフローラ)でのセルフケアが重要であることを伝えた。

腰痛症のページを見る

ご相談・お問い合わせ

全店舗、どのような症状でも治療が可能ですが、
特殊な症状がひどい方は豊富な治療実績を持った店舗へ行くことをオススメします。

麻布台ヒルズ院 AZABUDAI HILLS

麻布台ヒルズ院

六本木ヒルズ院 Roppongi Hills

六本木ヒルズ院

セルリアンタワー院 Cerulean Tower

セルリアンタワー院

カレッタ汐留院 Caretta Shiodome

カレッタ汐留院
当面の間、土日・祝日は短縮営業のため10:00~20:00となります。

西新橋院 Nishishinbashi

西新橋院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院(東京慈恵会医大付属病院前)」で運営しております。月曜日・水曜日、完全予約制となっております。ご了承くださいませ。