MENU

肩こり:肩こり/鍼灸治療レポート2

女性 40歳 会社員
症状:肩こり

現病歴

4年前から首肩こりの状態がひどくなると、頭痛を発症していた。
普段から薬を飲まないため、症状が悪化するとめまいを伴い、消化不良を引き起こすこともある。
そのため、肩こりだけでなく全身の鍼治療を求めて来院した。

鑑別診断

頭痛を発症しているときはいつも疲労感があり、睡眠不足が続いている様子。
体内に水分が停滞しており、食欲があるときでも消化不良になりやすく、自律神経のバランスが乱れたことによる肩こりと診断。
首肩こりの症状だけのときは、日常的にハイヒールを履いているようで、ふくらはぎの筋肉が使われていない。常にアキレス腱が緊張している状態が招く腰にかかる負担が肩こりの誘因となっていると思われる。
自律神経のバランスの悪さによる肩こりとハイヒール性の肩こりの混合型と診断。

治療法

週に1回のペースで天柱(てんちゅう)、上大椎(かみだいつい)肩井(けんせい)、膏肓(こうこう)、神道(しんどう)、志室(ししつ)、次髎(じりょう)、中髎(ちゅうりょう)、陽陵泉(ようりょうせん)、頬車(きょうしゃ)に鍼治療を施した。
肩こりのみの症状で頭痛・めまいの症状が発生していない時に、骨盤周りとふくらはぎにしっかりと圧をかけてマッサージをしたところ、1度の治療で症状が改善された。
約2ヶ月間の定期的な鍼治療で頭痛、めまいも改善した。
仕事の状況に応じてだが、現在も体の疲労感が限界になる前、頭痛・めまいが発症しないよう、2週間に1回の鍼治療を続けている。
鍼治療後は、首や肩のこり、腰やふくらはぎの緊張がとれて良く眠ることができるという。
睡眠時間が安定することで、内臓の働きに関係する自律神経のバランスが整うため、鍼治療を続けている今は消化不良を引き起こすことがなくなった。

肩こりのページを見る

ご相談・お問い合わせ

全店舗、どのような症状でも治療が可能ですが、
特殊な症状がひどい方は豊富な治療実績を持った店舗へ行くことをオススメします。

六本木ヒルズ院 Roppongi Hills

六本木ヒルズ院

丸ビル院 Maru Building

丸ビル院
※2019年5月7日(火) 予約開始

カレッタ汐留院 Caretta Shiodome

カレッタ汐留院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「コリとれーるカレッタ汐留院」で運営しております。

渋谷院 Shibuya

渋谷院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクターリウ鍼灸院 渋谷駅前院」 で運営しております。

西新橋院 Nishishinbashi

西新橋院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院(東京慈恵会医大付属病院前)」で運営しております。

代官山アドレス院 Daikanyama Address

代官山アドレス院
鍼治療を初めてお受けになる方に どんな治療をするのか、
不安やお悩みにお答えしています。お近くの店舗にご相談ください。
コリトレール株式会社 統括本部
  • TEL:03-6435-6649
  • (土日・祝日を除く10時〜18時)