MENU

坐骨神経痛:坐骨神経痛/鍼灸治療レポート2

女性 40代 会社員
症状:お尻の痛みと足のしびれ

現病歴

もともとデスクワークの時間が長く首こり、腰痛は自覚されていて、疲労が溜まると年に1回くらいぎっくり腰を起こすようになっていた。
最近になって就寝時の姿勢、デスクワークによる長時間の座位により、お尻から太もも、とくにお尻の筋肉の緊張が強くなり、坐骨神経の走行に沿って痛みとしびれを生じるようになった。
痛みと足のしびれで目が覚めてしまうくらいに症状が悪化したので、少しでも早く痛みとしびれをとりたいと来院された。

鑑別診断

外傷性の腰椎疾患がないこと、また徒手検査で腰椎に異常がないか検査したところ、問題がないことを確認。
腰部の筋筋膜性による痛み、坐骨神経痛と判断した。

治療法

長時間の座位によって肩や背中の筋緊張もあるため、マッサージで上半身全体を緩めた後、腰からお尻、下肢にかけて鍼による治療とマッサージを併用して行う。
頚部から肩甲骨周り、腰背部の筋肉の緊張緩和と、とくにお尻の梨状筋、委中(いちゅう)、承山(しょうざん)、アキレス腱、足関節周りを中心に鍼による治療を行う。
初回の治療から3日後に2回目の治療を行ってからはお尻の痛みと痺れが消失し、夜中に痛みで目が覚めることがなくなった。
腰、お尻の筋肉へのアプローチも重要だが、股関節周りの血液循環を良くしておくことで、深部の筋緊張を緩めることができ、早い段階で痛みが消失した。
常に同じ姿勢で仕事されていることから腰回り、股関節周りの循環の悪さが継続していたので、仕事の合間に腰回りを動かすことや体側を伸ばすストレッチ、仕事後ご自宅でできるお尻のストレッチを指導。

坐骨神経痛のページを見る

ご相談・お問い合わせ

全店舗、どのような症状でも治療が可能ですが、
特殊な症状がひどい方は豊富な治療実績を持った店舗へ行くことをオススメします。

麻布台ヒルズ院 AZABUDAI HILLS

麻布台ヒルズ院

六本木ヒルズ院 Roppongi Hills

六本木ヒルズ院

セルリアンタワー院 Cerulean Tower

セルリアンタワー院

カレッタ汐留院 Caretta Shiodome

カレッタ汐留院
当面の間、土日・祝日は短縮営業のため10:00~20:00となります。

西新橋院 Nishishinbashi

西新橋院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院(東京慈恵会医大付属病院前)」で運営しております。月曜日・水曜日、完全予約制となっております。ご了承くださいませ。