メニエール病ならリウ・メソッド

メニエール病とは

めまいは立ちくらみ、身体がふらつく、目先が暗くなるなどのめまいと、天井がグルグル回るように感じる回転性のめまいに大別できます。前者は、貧血、低血圧症などによるものが多いです(高血圧症や糖尿病によるものもありますが、極めて発生頻度は低いです)。
メニエール病は回転性のめまいを引き起こす内耳の疾患の代表的なもので、突発的なめまいの発作とほぼ同時に耳鳴り、難聴、耳の圧迫感などの症状を併発します(稀に、耳鳴り、聴力低下などの症状が、めまいの発作に先立ってあらわれる場合もあります)。

時には立っていられないほどの激しいめまいに襲われ、吐き気、冷や汗などを伴う場合もあります。

メニエール病は内耳の内リンパ液の圧が高くなったことが直接的な原因となって引き起こされますが、その状態を招く要因として水分・塩分の代謝異常、自律神経の異常などが考えられます

その他、極端な睡眠不足や精神的なストレスが誘因となって引き起こされる場合もあります。

耳鳴り、難聴、耳の圧迫感などの随伴症状は大半が片側性ですが、両側性の場合もあります。
場所を選ばず突然発症するため、高所や駅のホームなどで発作が起こると大変危険です。

男性は30代~40代、女性は30代~50代に好発します。

同じ回転性めまいを起こす疾患との区別

メニエール病と同じように回転性のめまいを起こす疾患との混同は気を付ける必要があり、多発性硬化症などの神経疾患、ウイルス性内耳炎や内リンパ水腫など内耳の疾患、自律神経失調症などがあります。

特に、メニエール病と混同されやすいのが、自律神経失調症です。

この両者の鑑別のポイントは、回転性のめまいが起こる時の状態の違いです。

寝ている時に天井がグルグル回る回転性のめまいは、大半が自律神経失調症によるもので、適切な治療を行なえば割に短期間で快方に向かう場合が多いです。

一方、立っている時に天井がグルグル回り、立っていられなくなる回転性のめまいは、大半がメニエール病によるめまいで、自律神経失調症によるめまいに比べると、完治するまでに多少時間がかかる傾向にあります。

なお、良性発作性頭位めまい症は極めて一時的な症状にすぎず、多発性硬化症は運動障害や手足のしびれなどを伴う場合が多いです。

メニエール病 解説動画

◾️メニエール病についての疑問にDr. Liuがお答えします

Q:通常のめまいとどこが違うの?
Q:薬と併用して鍼治療は可能?
Q:類似した他の疾患は?

原因

耳は鼻や目と密接な関係にあります。
そのため、鼻や目の疾患などの影響が内耳に及ぶ可能性も考えなければなりません。

副鼻腔炎などの鼻の疾患や、呼吸器の異常で内耳の圧力が高まります。
また、鼻を強くかむ習慣も、内耳の圧力を高めます。

緑内障など目の疾患により眼圧が高まることで、めまい発作を起こす可能性もあります

東洋医学的には、肝経と腎経の気血の流れの滞りが関係していると考えられるため、施術に使用する経穴も、耳の疾患に有効な経穴だけを選穴するのではなく、目や鼻との関連性を考慮して、選穴をします。

治療方法(発症時期に応じた治療の目安)

メニエール病の治療は、主要には鍼で経穴を刺激し、さらに手技を併用します。
手技の最も重要なポイントは、外耳道に空気を送り込み、耳の鼓膜に振動を与える手技です。
鼓膜に振動を与えると、ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨の3耳小骨を通して、内耳に伝わります。
こうして流れが悪くなって圧が高くなっていた内リンパ液の循環が改善されます。

一方、下唇の下の凹んでいる部分の真ん中にある経穴は、ボクシングでパンチが当たると、一発でバランスを崩して倒れることがあるほど平衡感覚に密接に関連した経穴であり、鍼施術において重要な経穴になります。

症例報告

女性 44歳 主婦
主訴:めまい
その他の症状:頭痛、首のこり

現病歴:2日前に突然、回転性のめまいの発作が起こって、一時的に立っていることも困難になった。また、耳の奥に違和感を感じた。めまいがひどく、家事をはじめ日常生活にも支障をきたすようになったので、翌日の朝、ご主人が付き添って治療院を訪れた。

鑑別診断:患者に回転性のめまいの発作が起こった時の状態を尋ねると、家の中で立っている時だと答えたので、自律神経失調症や良性発作性頭位めまい症ではなく、メニエール病だと思われた。もちろん、立ちくらみや体がふらつく様なめまいではないので、貧血や低血圧症によるものでは無いことは明らかであった。
また、内耳に違和感を感じている点から考えても、メニエール病の可能性が高いと判断できた。

治療法:1日おきに翳風、耳門、睛明、四白、合谷などへ鍼による治療と、頚部と喉へのマッサージを併用して治療を続けた結果、約1週間で内耳の違和感がなくなり、めまいもほとんどなくなり、1ヵ月後に完治した。

ご相談・お問い合わせ

回転性めまいを起こす症状と鑑別をした上で、西洋医学的観点と東洋医学的観点の両方から患部への鍼施術、内臓機能へ働きかける鍼施術の双方からアプローチします。

当院の治療実績を信じて、安心してご来院ください。

西新橋院のご予約はこちらから
お近くの治療院をお探しの方はこちらから

Contents

Other

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ
関連事業