MENU

便秘症について

便秘症の原因と治療例について

胃や小腸に比べると、大腸の消化作用は微々たるもので、主に水と電解質(一般的にミネラルと呼ばれるもの)を吸収する働きをしていますが、自律神経のバランスが崩れていると、水分の吸収が抑えられて下痢の症状を引き起こしたり、逆に水分吸収作用が活発になりすぎて水分の少ない硬い便が大腸に溜まり便秘になります。
したがって、慢性的な便秘の多くは、自律神経失調症の一種だと言えるのです。
胃にものが入ると、その刺激をきっかけに大腸が収縮し便を直腸に送り出そうとする働きがあります。
これは胃・結腸反射と呼ばれ、この反射の低下、また腸の運動の減退によって起こる便秘症、環境の変化によって一時的に発症する一過性の便秘症もあります。

食事の時間が不規則な人、暴飲暴食する人が便秘症になりやすい傾向があります。

便秘症のよくある原因
慢性の便秘は糖尿病、腸閉塞、大腸がん、胃・十二指腸潰瘍、結腸がんなど内臓の異常によっても起こりますが、便秘症の大半は極度の精神的な緊張、不快感、不安感など精神的なストレスの蓄積、無理なダイエット、睡眠不足などが原因で発症します。

すなわち、便秘症のほとんどに自律神経の失調が関連しているのです。

便秘症の治療例
主訴が便秘症だからといって、腹部への治療と短絡した思考でとらえていては、便秘症の治療に時間を要してしまいます。
便秘症の多くは、自律神経のバランスが崩れたことに起因しているので、自律神経のバランスを整えることに重点を置く必要があります。

特に、慢性的な便秘症に悩まれている方は、精神的なストレスから情緒不安定になりやすいため、精神を安定させることも考慮し、治療をしております。
腸の運動を調節するため、胃と腸を結ぶ十二指腸を刺激し、胃と腸の動きを改善する足にあるツボに鍼をします。
ただし、このツボは胃の働きが活発になるため、胃痛がない方に行います。

また、自律神経のバランスが崩れて、便秘症になった人は肩甲骨の内側、及び第1胸椎から第9胸椎までが非常にこっている場合が多いため、自律神経のバランスを整える背部と手首周りのツボ、胃腸の働きを調節する膀胱に関連するツボへの鍼が重要なポイントです。

膀胱に関連するツボを刺激すると、胃腸に反射作用があらわれ、小腸に溜まった熱を冷ますなどのアプローチができるため、胃腸の働きを調節することができるのです。
また、腹部へのマッサージも効果的です。

便秘症を改善するためには治療の効果に頼るだけでなく、規則正しい食生活を心がける必要があります。 特に、排便を促す胃・結腸反射は朝方に強く起こるので、朝食を抜く癖を改めなければいけません。
適度な排便習慣を身につけるために、朝の決まった時間にトイレに入るように心掛ける必要もあります。

また、暴飲暴食をせず腸に刺激を与えるものを食べないことも大切です。
精神的なストレスが原因で便秘になる場合も多いですが、便秘になって排便できないことでさらに精神的なストレスが蓄積されることになるため、気分転換になる時間をつくることも大切です。

便秘症/鍼灸治療レポート 1 女性 31歳 会社員 便秘症

慢性的な便秘症で、子供のころから便通が極めて少なかった。便が硬いため、排便が容易ではなく、排便時にはいつもかなり苦しい思いを味わってきた。
近所の内科で薬をもらったり、市販されている薬を買って症状の改善を試みたが、さほど効果はなく、今度は東洋医学系の治療を試してみようと思い立って、来院した。


>> 続きを読む

ご相談・お問い合わせ

全店舗、どのような症状でも治療が可能ですが、
特殊な症状の方や症状がひどい方は豊富な治療実績を持った店舗へ行くことをオススメしています。

六本木ヒルズ院 Roppongi Hills

六本木ヒルズ院

丸ビル院 Maru Building

丸ビル院

カレッタ汐留院 Caretta Shiodome

カレッタ汐留院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「コリとれーるカレッタ汐留院」で運営しております。

渋谷院 Shibuya

渋谷院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクターリウ鍼灸院 渋谷駅前院」 で運営しております。

西新橋院 Nishishinbashi

西新橋院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院(東京慈恵会医大付属病院前)」で運営しております。

代官山アドレス院 Daikanyama Address

代官山アドレス院