便秘症/お悩み治療ガイド

コロコロ便、いつものことと思っていませんか?

便秘症の原因

慢性の便秘は糖尿病、腸閉塞、大腸がん、胃・十二指腸潰瘍、結腸がんなど内臓の異常によっても起こりますが、便秘症の大半は極度の精神的な緊張、不快感、不安感など精神的なストレスの蓄積、無理なダイエット、睡眠不足などが原因で発症します。

すなわち、便秘症のほとんどに自律神経の失調が関連しているのです。

胃や小腸に比べると、
大腸の消化作用は微々たるもので、主に水と電解質を吸収する働きをしていますが、自律神経のバランスが崩れていると、水分の吸収が抑制され下痢の症状を引き起こしたり、逆に水分吸収作用が活発になりすぎて水分の少ない硬い便が大腸に溜まり便秘になります。
したがって、慢性的な便秘の多くは、自律神経失調症の一種だと言えるのです。

なお、胃・結腸反射の低下、腸の蠕動運動の減退によって起こる便秘症、環境の変化によって一時的に発症する一過性の便秘症もあります。
食事の時間が不規則な人、暴飲暴食する人が便秘症になりやすい傾向があります。

便秘症の改善方法について

便秘症を改善するためには、規則正しい食生活を心がける必要があります。
特に、排便を促す胃・結腸反射は朝方に強く起こるので、朝食を抜く癖を改めなければいけません。

適度な排便習慣を身につけるために、朝の決まった時間にトイレに入るように心掛ける必要もあります。

また、暴飲暴食を慎むこと、腸に刺激を与えるものを食べないことも大切です。

また、精神的なストレスが原因で便秘になる場合も多いですが、便秘になって排便できないことでさらに精神的なストレスが蓄積されることになるため、気分転換になる時間をつくることも大切です。

鍼治療について

主訴が便秘症だからといって、腹部への治療と短絡した思考でとらえていては、便秘症の治療に時間を要してしまいます。
便秘症の多くは、自律神経のバランスが崩れたことに起因しているので、自律神経のバランスを整えることに重点を置く必要があります。

特に、慢性的な便秘症に悩まれている方は、精神的なストレスから情緒不安定になりやすいため、精神を安定させることも考慮し、治療をしております。
腸の蠕動運動を調節するため、胃と腸を結ぶ十二指腸を刺激し、胃と腸の動きを改善する足にある経穴に施鍼をします。

ただし、この経穴は胃の働きが活発になるため、胃痛がない方に行います。

また、自律神経のバランスが崩れて、便秘症になった人は肩甲骨の内縁、及び第1胸椎から第9胸椎までが非常にこっている場合が多いため、自律神経のバランスを整える背部と手首周りの経穴、胃腸の働きを調節する膀胱経の経穴への施鍼が重要なポイントです。

膀胱経の経穴を刺激すると、胃腸に反射作用があらわれ、小腸に溜まった熱を冷ますなどのアプローチができるため、胃腸の働きを調節することができるのです。
また、腹部へのマッサージも効果的です。

ご相談・お問い合わせ

お近くの治療院をお探しの方はこちらから

鍼灸師コラム

「美的.com」美容情報(ボディケア)で「美腸鍼」が紹介されました!!

2017-09-12

腸活の新たな注目メソッド登場! 美腸鍼と<腸育>サプリで、巡るからだを即実感。「腸活」足りて、美容を知る

Contents

Other

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ
関連事業