長く続いてしまう辛い頭痛について

この記事の監修鍼灸師

ハリアップ六本木ヒルズ院 宮田先生

 

仕事中に頭痛が続く・・・頭の痛みでなかなか仕事に集中出来ない・・・そんな経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?今回はそんな辛い頭痛、そのなかでも特に緊張型頭痛についてのお話しをしたいと思います。

 

 

緊張型頭痛って?対策は?

 

緊張型頭痛は、首や肩の強いコリと眼の疲れを伴い、重く頭を締め付けられるような痛みが長く続く事が多いです。

長時間のパソコン作業を行う方や車の長時間運転、タブレットやスマートフォンの使用、ストレス、睡眠不足、体の冷え等が原因となり、症状が現れやすいです。

これらの原因が続いてしまうと体への負荷がかかり、頭から肩にかけての筋肉や、神経の緊張が強くなってしまいます。

そのため血流が悪くなってしまい、乳酸等の疲労物質がたまってしまう事で痛みが発生してしまいます。

 

 

注意が必要

とりわけ今の季節、冬の寒さが続くこの時期では、体が冷えやすくなってしまい、血流が悪くなったり筋肉が緊張しやすいため、注意が必要になります。

また、寒さで肩をすくめる事も多くなりますので、首や肩にある、肩をすくめる時に動く筋肉が緊張した状態が長くなってしまい、凝り固まりやすくなってしまいますので注意が必要です。

 

 

体をしっかりと暖める事が大切

特に関節の周囲から冷たい外気が入り込み、そこから身体が冷えて血流が悪くなってしまいますので、首元や手首、足首など、外の冷たい空気に長く晒されることの多い部分は冷えやすいので、この部分からの寒さ対策も行ってみましょう。

緊張性頭痛は体の血流が悪くなった結果、痛みが発生している事が多いので、体をしっかりと暖める事が大切です。

また、首や肩のコリが強い場合は動かせる範囲で、大きくゆっくりと肩周りを回してあげましょう。

首や肩の筋肉の緊張が緩みやすくなります。

また、十分に適度な運動を行う事でも血流が改善されやすくなりますので、普段からあまり体を動かす事がないような方は特に試してみてください。

 

~まとめ~

 

  緊張性頭痛だけではなく、ストレスの影響による頭痛でも、適度に体を動かす事や入浴でじっくりと体を暖める事で神経の緊張が解けやすくなりますし、リラックスができて気分転換にもなりますのでオススメです。

 

もちろん、鍼灸治療を受けて頂く事でも筋肉の緊張が緩み、血流も改善されますので症状の改善が早くなります。普段の生活で予防しつつ、早めの治療を続けて行うことをオススメします。寒さ対策や予防・早めの治療を行うようにし、辛い頭痛にならないようにまた、長く続いてしまわないようにしましょう。

 

 

宮田先生所属の治療院はこちら

 ▶ハリアップ六本木ヒルズ院サイト

 ▶フォーム予約

宮田先生

宮田先生

楽天ハリアップクリムゾンハウス院 鍼灸師