MENU

肩こりについて

肩こりの原因と治療例について

肩こりは、首や肩の筋肉疲労によるものだけとは限りません。

寝不足や疲労、精神的なストレスなどによって、自律神経のバランスが乱れることで、消化器系の内臓の働きが低下して、反射的に肩こりが起こる場合もあるのです。

消化器系の働きが低下すると、胃もたれや便秘などの症状を引き起こします。また、物を噛むための筋力が低下すると食べ物をしっかり噛まなくなるので、胃や腸で食べ物を分解する手間が増え、その負担が肩こりとして表れるケースがあります。

また、内臓そのものの疲労だけでなく、便秘の場合は腸内の便が少量であっても、肩に大きな負荷がかかります。一日中肩に鞄をかけているなどして、長時間血流を妨げているのとよく似た状態です。
女性が身につけるブラジャーも、それ自体は大した重さでないにも関わらず長時間持続的に肩を圧迫するので大きな負担となり、肩こりの原因になることがあります。

姿勢不良も肩こりを引き起こす原因となります。

特にデスクワークをする人は前屈みの姿勢になりやすく、お腹が持続的に圧迫されるために胃腸の血流が滞り、胃腸疲労のサインが肩こりとして表れることがあります。
胃腸の血流不全が、大きな負荷となって持続的に肩にかかり、肩こりの原因になるのです。

肩こりの中には、首の骨そのもの、あるいはその周りにある筋肉やじん帯が異常を起こして発生するケースもありますし、子供から大人までスマホやパソコンの使用が当たり前となった現代では、長時間の前屈み姿勢や手・腕の使い過ぎによる肩こりもあります。

肩こりのよくある原因

肩こりの4つのタイプ
1. 筋肉の疲労性の肩こり
2. 自律神経のバランスの乱れによる肩こり
3. ストレス性の肩こり
4. ハイヒール性の肩こり

肩こりは上記の原因および姿勢不良や手の使い過ぎなどの症状が複数重なって発症するケースもあります。
また、低血圧症・高血圧症・糖尿病・心筋梗塞・がんも首や肩のこりが生じるケースがあり、肩こりとは少し違いますが胆のうの疾患も右肩に放散痛という痛みを出現させることがあります。

ハイヒールを履く機会が多い女性に好発する、ハイヒール性の肩こりもあります。
ハイヒールを履いている時、足は常につま先立ちを強いられているため、アキレス腱が緊張し、それが肩こりのもとになる場合が多いのです。

また、内臓の自律神経のバランスが崩れたことによる肩こりも女性に多く見られます。
最も特徴的な症状は肩こりに伴う吐き気で、消化しきれない食べ物を大量に抱えた胃腸を重く感じるため、吐いて軽くしたいのです。

特に肩井(けんせい)のツボを押すと、吐き気をもよおすケースが多く、患者は肩井に触れられるのを極度に嫌がる傾向があります。
また、食べ物を噛む力が衰えて咀嚼が不十分な結果肩こりが発症した患者は、頬車(きょうしゃ)のツボの周囲がこっています。

「たかが肩こり、されど肩こり!」
肩こりは、いろいろな身体の異常を知らせる信号。

「そろそろ注意しないと危ないよ!」と、身体が告げる黄色信号なのかもしれません。

肩こりの治療例

鍼治療について(タイプに合わせた治療)
1. 筋肉の疲労性の肩こり頚部と上腕三頭筋のツボ
2. 自律神経のバランスの乱れによる肩こり頚や顔、背部のツボ
3. ストレス性の肩こり胃や大腸のツボ
4. ハイヒール性の肩こりアキレス腱と肩井のツボ

姿勢不良や腕の使い過ぎによる筋疲労性の肩こり、ハイヒール性の肩こりに対しては、鍼による刺激で十分に対処でき、マッサージによる治療も効果的です。
こりや痛みが出現している部位の他に、胃腸の血行を促すための胃や大腸のツボ、アキレス腱とふくらはぎのツボへアプローチしていきます。
また、手技によって頚や肩へ、腰部や骨盤部のツボを刺激することでも下腹部にある臓器の機能が高まり、内臓の自律神経に起因する肩こりにも効果的となります。

ただし、吐き気を伴う場合は、内臓性の肩こりの他に、くも膜下出血の前兆である可能性も考えなければいけません。したがって、あまり強く揉みすぎないように気をつける必要があります。くも膜下出血の発生を促す結果になりかねないからです。
しかも、肩こりの治療においては、鍼やマッサージで刺激するツボは決して一律ではありません。
ただし、がん・くも膜下出血・心臓病など、生命の危険をもたらす疾患は除外して、鍼やマッサージの対象となる肩こりに絞っても、治療法は肩こりの原因によって異なってきます。

つまり、内臓の自律神経バランスが崩れた結果の肩こりか、胃腸のうっ血(血流低下により血液が停滞すること)が原因の肩こりか、ハイヒール性の肩こりか、姿勢不良・手の使い過ぎなどが原因の肩こりかによって、選ぶべきツボはまったく違います。
原因は同じでも、症状は患者によって異なり、ひどいこりが生じる部位も異なるのです。

ワンポイントコラム

「柱の角でちょっとブラブラ」(3~7分間)

長時間座りっぱなしだと身体が「く」の字になったままですから、絶えず胃腸が圧迫され、負担がかかってしまいます。
背中の肩甲骨と肩甲骨の間には、胃の働きに関係する膈兪(かくゆ)というツボがあり、そこを刺激すると胃腸の負担も解消されます。

柱の角などに背中を当てたまま、腰を少し前に出すようにブラブラ振ります。
こうして背筋を伸ばし、背中にあるツボを刺激することにより、圧迫されてうっ血したような状態になっている内臓を反射的に伸ばし、血液の循環を良くできるのです。

ご相談・お問い合わせ

全店舗、どのような症状でも治療が可能ですが、
特殊な症状の方や症状がひどい方は豊富な治療実績を持った店舗へ行くことをオススメしています。

六本木ヒルズ院 Roppongi Hills

六本木ヒルズ院

カレッタ汐留院 Caretta Shiodome

カレッタ汐留院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「コリとれーるカレッタ汐留院」で運営しております。

渋谷院 Shibuya

渋谷院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクターリウ鍼灸院 渋谷駅前院」 で運営しております。

西新橋院 Nishishinbashi

西新橋院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院(東京慈恵会医大付属病院前)」で運営しております。

代官山アドレス院 Daikanyama Address

代官山アドレス院

丸ビル院 Maru Building

丸ビル院