MENU

耳鳴り・突発性難聴について

耳鳴り・突発性難聴の原因と治療例について

耳鳴りは、周りに音源が全く無いにもかかわらず、雑音が聞こえる状態です。
セミが鳴く様な音、風の音や波の様な音、キーン、ピーッという高い音、金属音や電子音の様な音が聞こえるなど、耳鳴りにはさまざまな種類があります。

なぜ音を感じてしまうのか、という耳鳴りのメカニズムについては、音の振動が伝わるルートのどこかに異常が生じることで起こると推測されていますが、実は未だ完全には解明されていません。

セミの鳴く様な音が聞こえる耳鳴りは、鼓膜の機能に何らかの異常が発生したものと考えられています。鼓膜は本来、音をキャッチしないと振動しないのですが、鼓膜がほんのわずかな空気の流れにも反応して振動するようになり、内耳はそれを音としてとらえるため、風が鼓膜を通るかすかな音が、セミの鳴く様な音として聞こえるのです。

また、キーン、ピーッという高い音や金属音、電子音に似た雑音がする場合は、耳の中の血管が緊張して、まるで金属製のパイプのように硬くなっている状態です。
硬くなった血管に血液中の鉄分や銅の粒などがぶつかって、金属音に似た音を発生させているのではないかと言われています。

耳鳴りのよくある原因
耳鳴りは、聴力の低下を引き起こすものと、聴力の低下を伴わないものに分けられます。

[聴力低下を伴う耳鳴り]
内耳炎(鼓膜より内側で起こる炎症)
メニエール病(平衡感覚を感じ取る部分に異常が起こり、ぐるぐる回るようなめまいと耳鳴りを発症する疾患)
[聴力低下を伴わない耳鳴り(耳の機能の異常なし)]
精神的な疲労や肉体的な疲労
睡眠不足に起因するもの
貧血や高血圧症などに続発して起こるもの
うつ病、不安神経症によるものなど

耳鳴りは難聴の前兆としてあらわれる場合が多く、腎機能の低下によって引き起こされる耳鳴りもあります。

また、現代では環境ホルモン(化学物質の類で、体内に入るとホルモンのような働きをするもの)の影響なども考えられます。

突発性難聴のよくある原因
突発性難聴は聴力が低下して音が聞こえにくくなる状態ですが、音が伝わる経路のどこが悪くなっているかによって『伝音性難聴』と『感音性難聴』に大別できます(両者の混合もあります)。

『伝音性難聴』は耳から音を伝える器官の障害で、中耳炎や、異物・耳垢などによる耳の穴の閉塞や狭窄によって引き起こされます。
『感音性難聴』は聴覚神経や脳の聴覚野など音を感じ取る部分の障害で、メニエール病や、ストレプトマイシン(抗生物質の一種)などの薬物の副作用によって引き起こされます。

その他、大きな騒音が絶え間なく聞こえる場所で働く人に起こる騒音性難聴(職業性難聴)、特に原因がないのに突然起こる突発性難聴などがあります。

[脳血管障害が影響する突発性難聴]
ウイルス性、ストレス性の突発性難聴、風邪による高温が原因で引き起こされる突発性難聴もあります。
また、脳溢血やくも膜下出血などの影響で突発性難聴になることもあります。
中耳炎や内耳炎のように炎症が起こり、その熱で聴覚神経が侵されて難聴になる場合もあるのです。

東洋医学では、耳鳴り・難聴は肝臓の気のたかぶりによるもの、もしくは腎臓の気の不足によるものと捉え、局所ではなく全体の治療をします。

耳鳴り・突発性難聴の鍼灸治療例
経絡(気が流れる通路のようなもの)の気の流れが滞っているため、鍼によってツボを刺激して、気の流れを改善させます。
特に、耳鳴り、難聴に効果を発揮する翳風(えいふう)・耳門(じもん)・風池(ふうち)などへの施術は重要になります。
また、耳鳴りに効果的な肘のツボ曲池(きょくち)、頭部や顔面部の疾患に効果的な前腕のツボ内関(ないかん)に灸を施し、首や肩の周囲、耳の周囲に重点的にマッサージの手技を施します。

耳鳴りは、睡眠不足や精神的ストレスの影響が大きい疾患なので、問診でこれらの点を確認していきます。
難聴は、高熱によって起こる一過性のものや騒音性難聴の可能性を考え、最近発熱を伴う病気にかからなかったか、常に大きな音がする場所で働いていないかを問診で確認します。

ハリアップでは耳鳴りも突発性難聴も、ある病気の前兆、あるいは病気がもたらす症状の一つとして捉え、症状を引き起こす原因を探求していきます。

突発性難聴/鍼灸治療レポート1 男性 61歳 公務員 耳鳴り・突発性難聴

2週間前に突然、ざわざわと風の音のような音が聞こえ、右の耳がほとんど聞えなくなった。その日のうちに耳鼻科で診察を受け、副腎皮質ホルモン剤、血流改善剤、ビタミン剤をもらって飲んだが、1週間たってもさほど症状が軽減しなかったので来院した。


>> 続きを読む

突発性難聴/鍼灸治療レポート2 女性 40代 専業主婦 耳鳴り・突発性難聴

1ヶ月月前に突発性難聴を発症し、病院にて薬を処方され服用。
難聴は改善されたが、耳鳴りが残っている。趣味で音楽をやっているため、不自由なく演奏できるように回復したいと来院された。


>> 続きを読む

突発性難聴/鍼灸治療レポート3 女性 40代 専業主婦 耳鳴り・突発性難聴

症状:左突発性難聴・高音性難聴・耳鳴り
2020年9月下旬発症。発症の5日前の起床時、耳にコットンなどを入れたように音が聞きにくいことに気付いた。変だなと思い、翌日近くの耳鼻科を受診し突発性難聴の診断を受け、医師に高音性難聴は治る可能性が低いと言われたが少しでも治る可能性があるならと来院。


>> 続きを読む

突発性難聴/鍼灸治療レポート4 男性 50代 会社経営者 耳鳴り・突発性難聴

左突発性難聴
様子を見ていたが悪化してきたため、以前同じような状況のときに顔面神経麻痺を患ったときに鍼治療で早期改善したのを思い出し、このままではまずいと感じ、ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院をネット検索で見つけ、早く治したい一心で電話予約し来院した。


>> 続きを読む

突発性難聴/鍼灸治療レポート5 女性 20代 会社員 耳鳴り・突発性難聴

来院される1ヶ月ほど前から耳の詰まり感と高音の耳鳴りがひどくなり、来院の1週間前に耳鼻科を受診し突発性難聴と診断を受けた。勉強に集中できない日々が続き何とか改善したいと検索したら、鍼治療が期待できると書いてある記事を見つけて来院された。


>> 続きを読む

突発性難聴/鍼灸治療レポート6 女性 40代 会社員 耳鳴り・突発性難聴

2年前に左耳も聞こえづらくなり、聴力低下したまま。
耳鼻科には受診しておらず、突発性難聴や耳鳴りが鍼治療で改善する情報を見たことを思い出し、今回の症状を早く改善させないと両方の耳が聞こえづらくなると思い、ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院に来院された。


>> 続きを読む

突発性難聴/鍼灸治療レポート7 男性 60代 会社員 耳鳴り・突発性難聴

右耳鳴り・難聴になり、病院から出された薬では効果が見られなかったそう。
軽井沢在住のため通勤時間が長く、2021年6月上旬から首肩こりの治療で来院されたが、耳鳴り・難聴の相談を受けたので同時に症状改善のための鍼治療を開始した。


>> 続きを読む

突発性難聴/鍼灸治療レポート8 女性 30代 会社員 耳鳴り・突発性難聴

ある時期から耳が塞がれるような感覚がでて水の中に潜っているような感覚で変だなと思い、耳鼻科を受診。突発性難聴と診断された。
突発性難聴についてネットで調べたところ、鍼灸で改善したと事例が紹介されている記事を見つけ、普段から利用している当院に連絡をされた。


>> 続きを読む

突発性難聴/鍼灸治療レポート9 女性 20代 会社員 耳鳴り・突発性難聴

2020年9月に職場が変わり、引っ越しをしたタイミングで突然左耳が聞こえ辛くなった。
その後、耳鼻科に受診し聴力検査を受けたところ左耳の低音性難聴と診断され、ドクター・リウ鍼灸院に来院された。


>> 続きを読む

突発性難聴/鍼灸治療レポート10 女性 30代 会社員 耳鳴り・突発性難聴

突然左耳が聞こえづらくなり、一日様子を見たが特に変化がなく、耳鼻科を受診し急性低音障害型難聴と診断を受けた。
ステロイド剤の服用である程度症状は落ち着いたが完治しておらず、鍼灸治療が効果的であると紹介され、ドクター・リウ鍼灸院に来院された。


>> 続きを読む

突発性難聴/鍼灸治療レポート11 女性 40代 会社員 耳鳴り・突発性難聴

来院される2週間前の4月下旬、夜中に突然左側の耳が詰まったように聞こえなくなって朝病院に駆けつけたところ突発性難聴診と診断され、そのまま入院となりステロイド剤の治療を受けた。


>> 続きを読む

突発性難聴/鍼灸治療レポート12 女性 40代 会社員 耳鳴り・突発性難聴

2021年2月の発症前後では、コロナ禍により仕事環境が変わり、寝つきが悪くストレスを感じることが一段と多くなった。
特に左耳は耳鳴りに加え、テレビや日常生活における音を過剰に拾い、耳栓をしなければ生活できない状態にまで悪化した。


>> 続きを読む

突発性難聴/鍼灸治療レポート13 女性 50代 専業主婦 耳鳴り・突発性難聴

2021年10月末から両耳の抜け感、聞こえづらさが何をしても戻らず、風があたると過剰に音を拾ってしまう症状が現れ耳鼻科を受診したところ、突発性難聴と診断された。


>> 続きを読む

突発性難聴/鍼灸治療レポート14 男性 40代 会社員 耳鳴り・突発性難聴

来院される1ヶ月前から突然左耳が聞こえなくなり、病院を受診し突発性難聴と診断される。
病院でステロイド等の標準治療を受けたが症状は改善されず、治る見込みはないと言われたが、なんとか治したいとネットで検索し来院された。


>> 続きを読む

突発性難聴/鍼灸治療レポート15 男性 30代 会社員 耳鳴り・突発性難聴

朝方目を覚ますと強烈な耳鳴り(高音キーン)がおきて、不安に襲われ眠れなくなる。
病院ではメチコバールと睡眠導入剤を処方されたが日常生活への支障が長引かないよう、根本治療を求めハリアップに来院された。


>> 続きを読む

突発性難聴/鍼灸治療レポート16 男性 50代 会社員 耳鳴り・突発性難聴

来院される3ヶ月前に突然、左耳が聞こえなくなった。病院で診察を受けたところ、突発性難聴と診断。ステロイドや利尿剤などの治療をおこなったがあまり効果がなく、鍼灸治療を試したく、当院のホームページを見て来院された。


>> 続きを読む

ご相談・お問い合わせ

全店舗、どのような症状でも治療が可能ですが、
特殊な症状の方や症状がひどい方は豊富な治療実績を持った店舗へ行くことをオススメしています。

六本木ヒルズ院 Roppongi Hills

六本木ヒルズ院

丸ビル院 Maru Building

丸ビル院

カレッタ汐留院 Caretta Shiodome

カレッタ汐留院
当面の間、土日・祝日は短縮営業のため10:00~20:00となります。

セルリアンタワー院 Cerulean Tower

セルリアンタワー院
3月30日、セルリアンタワー東急ホテル1Fに移転、店舗名が「ハリアップセルリアンタワー院」に変更となりました。

西新橋院 Nishishinbashi

西新橋院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院(東京慈恵会医大付属病院前)」で運営しております。水曜日のみ、完全予約制となっております。ご了承くださいませ。