四十肩・五十肩について

この記事の監修鍼灸師
楽天ハリアップクリムゾンハウス院 宮田先生


ある日突然肩の動きが悪くなって腕が挙がらない、肩を動かすと強い痛みがでてくる等といった日常生活にも支障をきたしてしまう肩の痛みを起こす「四十肩」・「五十肩」について。

特に中高年の人たちが多く悩まされる肩関節の痛みである「四十肩」や「五十肩」は40と50という数字が入っていることから40代や50代の方に特に起こりやすい症状なのだろうということはまず分かりますが、40代や50代で起こりやすいということでの総称としてつけられている名称です。

正式名称は「肩関節周囲炎」ですので、40代よりも少し若い方などの方々にも肩関節周囲での炎症が生じる際に同様の症状が現れる場合もあります。




運動のやり過ぎにより肩関節に負荷が重なってしまうこと加齢による関節や周囲の組織の柔軟性の低下や変化運動不足や肥満等での関節にかかる負担の増加等により肩の関節の周囲で炎症が起こることで痛みが発生することが多いです。


また、関節の変形や肩や肩甲骨等の近くにある肩を動かす筋肉が凝り固まってしまうことで柔軟性が低下してしまうと肩の動きが悪くなってしまいます。
動きが悪い時に無理に動かすことで関節や筋肉にかかる負担が強くなってしまうと炎症を起こしてしまい痛むことにも繋がってしまいます。


「四十肩」、「五十肩」の症状では、それぞれの時期があります。
痛みの強くでる時期(2~9ヵ月)動きが悪くなる時期(4~6ヵ月)痛みが徐々に回復してくる時期(6ヵ月~2年)とあり、
それぞれの時期の期間等は個人差があるため変わってくるところはあります。

まず、痛みが強くでる時期では関節周囲での炎症が強くでているため、痛む部分を冷やしてください。
また、この時期に痛みを我慢して無理に動かすと炎症が広がってしまい、悪化させてしまうので安静にするようにもしましょう。

動きが悪くなる時期では痛みが少し治まり少しずつ動かせるようになりますので、この時期に痛みの無い範囲でできるだけ大きくゆっくりと肩を動かすようにしましょう。
この時期に安静にし過ぎてしまうと関節の周囲につく筋肉や関節部分が固まってきてしまい、動かせる範囲が狭くなってしまうのです。

痛みが徐々に回復してくる時期では、自然と時間がかかりますが、症状が良くなってきて痛みが和らいでいきます。
しかし、治療をせずに痛みが改善しても関節の動きが悪い状態のままであることが多いので、普段使う動きよりも大きく動かした際等でまた痛めやすくなってしまいます。
この時期までに肩を動かせる範囲で大きくゆっくりと動かすようにしていたり、早めの治療をしていると回復してくる時期が何もしていない時よりも早くに症状が改善出来るようになります。


マッサージや鍼灸治療では、固まってきて動きの悪い筋肉や関節の血流を良くし、ほぐして緩める事で動きの悪さや痛みの改善につながり効果的ですので、早めに続けて治療を受けるようにしましょう。

宮田先生

宮田先生

楽天ハリアップクリムゾンハウス院 鍼灸師


この内容で送信します。よろしいですか?