喘息

アトピー型と非アトピー型

発作性の呼吸困難、呼吸時に喉がヒューヒュー、またはゼイゼイいう喘鳴、咳や痰などが出る気道疾患で、気管支を囲む平滑筋が痙攣して収縮することによって、気道が狭くなり、呼吸困難や喘鳴を引き起こします。

狭くなった気道を空気が通るため、ヒューヒュー、ゼイゼイいう喘鳴が起きます。

気管支喘息はアトピー型と非アトピー型に分類され、アトピー型は家の中のほこり、ダニ、花粉、カビ、ペットの毛などのアレルゲンに反応することで、喘息の発作を起こします。

アトピー型は小児発症喘息とも呼ばれ遺伝的な要素が強いと言われています。


非アトピー型の多くは40歳以降から発症

非アトピー型は40歳以降になって発症する場合が多いです。

発作を起こす原因にはアレルゲンの他、ヒスタミンなどの刺激物質の吸入、ウイルス感染、アスピリンなどの薬物、食品添加物、防腐剤、冷気、運動、喫煙、ストレスなどが考えられます。

発作は、主に明け方や早朝に起こります。また、季節の変わり目に発作が起こりやすくなります。

気管支喘息になると、肉体的にも精神的にも衰弱して、身体を動かすと症状はいよいよ悪化します。

なお、横隔膜が正常な位置より移行したり、心肥大によって、気管支と肺を圧迫して、喘息のような症状を引き起こすこともあります。


喘息の鑑別法

慢性気管支炎も喘息と症状が類似していますが、この両者を比べると、喘息の患者のほうが、呼吸が浅く、慢性気管支炎は呼吸が深いです。

また、喘息の方は、第1胸椎から第9胸椎までの胸椎の周囲と肩甲骨の内縁が非常にこっているという特徴があります。

なお、喘息も慢性気管支炎も咳と痰が出ます。急性気管支炎は席は出ますが、痰は出ないという違いがあります。


■治療について

東洋医学では大腸が水分を吸収して、肺が体内の水分の流れを調節していると考えます。

喘息は、大腸の水分吸収作用が阻害され、肺に十分な水分の供給ができなくなり、肺、気管支、気道などが乾燥した状態なのです。

この肺と大腸の表裏関係から考えて、鍼と灸を併用して、大腸の治療から始めます。

頸部にある経穴への刺激は、その下に迷走神経の枝で喉頭に分布する反回神経が通っているので、口頭に鎮静、鎮痛効果をもたらすことが出来ます。

また、自律神経を調整するために、後頸部や頭部、上肢などへの鍼による刺激を与えます。

喘息の発作が起こると、内外肋間筋が硬直化するので、胸部と肩甲骨の内縁に、マッサージを施します。



Contents

Other

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ
関連事業