お悩みガイド/女性編(鍼灸治療)生理痛

【年代・性別】30代後半・女性

【症状】

初回は首肩のこり、頭痛で来院。

ストレートネックによる背中から首の張りと身体全体の冷えがあると触診でとれました。

■初回の治療

患者様本人の一番つらい、首肩のこり、頭痛改善のための治療。

自律神経バランスの調整、手足末端の冷え改善につながるアドバイス、首肩こりの予防策の話をお伝えしました。

■2回目の治療

前回の治療から3日後に来院。

「首肩がすごく楽になった。」

「私、冷えと生理痛に悩んでいます。」

と次から次へと話をされました。

症状としては、眠りが浅い、生理痛のときは痛み止めを毎日服用しても効かない、子宮筋腫、仕事上のストレスなどがあり、2回目の治療から首肩のこりの治療に加え、冷え+自律神経バランスの改善のため、全身調整に重きをおいた治療を始め、次回来院の目安を3日後に決め、痛み止めの服用を減らすことを目標に1週間に2回の通院の必要性を伝えました。

脊柱沿いがかなり虚していて滞っている感じがあったので、脊柱の両脇または脊柱上を治療することにより交感神経と副交感神経を刺激し、拮抗作用のバランスを取り戻す治療をしました。

その後、1週間に一度の来院を継続。

■3ヶ月後の経過

周期は安定、生理痛は軽減、頭痛は完治。

薬の服用もかなり減り、食欲も出てきたとのこと。

■6ヶ月後の経過

定期的な治療により首肩のこり、頭痛、生理痛で悩むことはなくなった。

冷え、下腿のむくみが気になる。

内臓も関係しているため、下肢への血流改善と滞りがないように腹部治療も始める。

■10ヶ月後の経過

下腿の冷えが気にならなくなり、患者様本人も体調が安定してきたことを自覚されている。

今現在、予防での来院を継続されています。

体調が安定しているため、徐々に治療の間隔を開けてもらい、仕事や日常生活に支障をきたすほどの首肩こりや痛みはなく、1ヶ月2回の来院で体調を維持しています。

精神的なストレスが関与している冷えや生理痛には、腹部の内臓を支配する自律神経を調整することが根本的に治すことにつながります。

女性疾患でお悩みの場合は、お近くの治療院までご相談ください!

≪関連コンテンツ≫

Q&A動画~月経不順~

Q:ホルモンバランスが崩れる原因は?
Q:頭痛が伴う月経不順の対処法は?
Q:鍼治療における重要なポイントは?
Q:どこを温めると効果的?

動画時間(1:15)

鍼灸師コラム/女性疾患

冷え症のまとめとツボの刺激によるセルフケア

冷え症について、これまでも何回かにわたりお伝えしてきたが、症状や女性に多い理由や改善法についてまとめた内容をお伝えし、最後にツボの刺激によるセルフケアの方法をご紹介します。

冷え症と生理痛について(後編)

『冷えは万病の元』と言われ、身体にさまざまな悪影響をもたらします。前編ではなぜ女性に冷え症が多いのか、そして冷えと生理痛の関係を説明します。

冷え症と生理痛について(前編)

『冷えは万病の元』と言われ、身体にさまざまな悪影響をもたらします。前編ではなぜ女性に冷え症が多いのか、そして冷えと生理痛の関係を説明します。

生理と月の関係(月経リズムと月のリズム)

月の満ち欠けに応じた周期を刻む女性の月経リズムについて、それぞれの時期に応じた過ごし方をご提案します。

鍼灸のチカラで美脳ホルモンUP!

鍼の刺激が温熱刺激で期待できるような自然な温かさや緊張していた筋肉の緩まり、神経系の安定を導きます。今からでも遅くない、鍼灸のチカラで美脳ホルモンUP!

鍼灸治療報告/女性疾患

(鍼灸治療報告)生理痛

初回は首肩のこり、頭痛で来院。ストレートネックによる背中から首の張りと身体全体の冷えがあると触診でとれました。

(鍼灸治療報告)生理不順

生理不順(40日以上こないこともあり)耳鳴り・下痢・冷え・肩こり・頭痛・食欲不振・うつ症状 上記症状で来院される前に肩こりの治療で一度来院歴あり。

(鍼灸治療報告)不妊症

自然妊娠を希望し、27年5月初来院。2月に、病院にて妊娠のための検査を受け、問題なしとのこと。6ヶ月間は、タイミング療法を希望され、排卵チェッカーで確認しタイミングをとる。 AMH34~35歳 生理周期26~28日(今は26日周期)

Contents

Other

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ

東京鍼灸・マッサージ
コリトレールグループ

この内容で送信します。よろしいですか?