【自律神経失調症】

【年代・性別】40代・女性

【施術コース】鍼60分コース

【症状】

主訴は首・肩のこり、肩甲骨周囲の痛み、足のだるさ。

仕事はパソコン作業が中心で通勤に片道2時間かかる。

睡眠時間は、5~6時間ほどで寝つきが悪く、不眠がち。

首肩のこりの改善と体全体の調整を希望し来院。


■初回の治療

全身的にむくみがあり、四肢には顕著である。身体に触れると、腰から下腿にかけて冷感があり、腰部や下腿部ふくらはぎに強い圧痛みられました。

不眠や動悸、肩甲骨周囲の痛みなどから、自律神経失調症が考えられる。

全身、とくに肩甲骨の間や、両脚をしっかりと指圧によるマッサージをし、赤外線で患部を温めながら肩や肩甲骨の周囲、背中に鍼を施しました。

その後、腕や脚の血流改善を目的に肩関節や股関節のストレッチを行いました。


■2回目の治療

初回治療より4日後に来院。

前回の施術後、肩・首の痛みはずいぶんと楽になった、肩甲骨周囲の痛みも軽減。

下肢のむくみは依然あるので、関節周囲のストレッチと気血の流れ、内臓機能の調整を意識した鍼施術をしました。


■3回目の治療

2回目の治療から3日後に来院。

前回までの治療により下肢のむくみが軽減し、声も明るくなってきた。

手足にあった冷感もなくなってきており、鍼を受けている間、本人も手に温かみを感じると言う。

ふくらはぎのマッサージを自身でも行っているとのことで、患者様自身が体調の変化、良くなっていることを自覚している。


心身のストレスによる症状、下肢の重だるさやむくみもあるので、体全体の気血の循環を良くすることを目的にこりが顕著な部位だけでなく、肝、腎、心の働きを整えることも重点的に治療します。

症状やこれまでの経過によっては治療期間がかかることもありますが、軽度な症状であれば1週間に1回の定期的な来院で2~3ヶ月で改善します。

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ
関連事業