(鍼灸治療報告)ぎっくり腰/汐留院

60代・男性

【症状】
来院される全日に無理な体勢で荷物を持ち上げた時にぎっくり腰を発症。
立っているのも辛く、仕事にも支障が出るため、一日も早く治したいと来院。
施術担当
コリとれーるカレッタ汐留院 三浦院長

【初回治療】

来院時は立っているのも辛く、前後屈ができない状態。来院当日も仕事をされていて、長時間、腰をかばうようにして無理な態勢で立っていたため、背部から腰部、下腿部まで張りが強い状態。

これまでに腰椎に異常があると診断されたことはなく、今回の症状は、筋筋膜性の急性腰痛と判断。

張り感の強い背部から腰部、臀部、下肢後面に弱めの刺激で鍼施術、臀部から下肢にかけてはしっかりと圧が伝わるように指圧をしていきます。前後屈時に痛みは残るものの、来院時より動きは良く、ゆっくりではあるが歩けるまで改善した。

【2回目の治療】

前回の治療から1週間後に来院。

初回の治療翌日には痛みが軽減。
動きもスムーズになり、動きに伴う可動域痛も軽減。


しかし、腰部全体の張り感は感じるとのことで、背部から腰部、臀部を中心に鍼施術。1週間経過していることもあり、骨盤周りも含めて腰部全体を深部からしっかりとほぐし血流を良くするようにしていきます。
ぎっくり腰発症時は腰の痛みばかりが気になっているものですが、時間とともに腰をかばうようにしていたときの筋疲労で首肩の緊張や肩甲骨周りの張りが出てくるため、後頚部にも鍼刺激をしました。
治療後、腰の違和感が改善したことを確認し、2回目の治療を終了。

【指導】

仕事で腰に負担がかかる態勢のことが多いようなので、今後は、腰に疲労感を感じた時には早めに治療し、股関節周りの深部の筋肉に疲労が溜まらないような身体を維持していきましょうと、お伝えしました。

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ
関連事業

この内容で送信します。よろしいですか?