Contents

Other

私と鍼灸(三木谷浩史 氏)
福利厚生ご担当者様へ
採用情報トップページ

スポーツ報知 「劉メソッドでゴルフも快調に」

2014年3月28日 スポーツ報知

「劉メソッドでゴルフも快調に」記者が施術体験。ドクター・リウ・メソッドの紹介。




本格的なゴルフシーズン到来に嬉しい反面、

腰や肘の痛みで悩んでる中高年は多いはずです。

ビートたけしの顔面麻痺を治療したことで知られる鍼灸師・あん摩指圧マッサージ師の劉勇医学博士にプレー前に気をつけるポイントを聞いた。

また、

〝魔法のように″と称される劉博士の施術を体験。


ひじを触らずに「テニスエルボー」の痛みが消えた!?

「テニスエルボー」になってしまった。

正式には上腕骨外(内)側上顆炎と言い、使いすぎによるひじの痛み。テニスの他、ゴルフや卓球、パソコンと原因は様々だが、記者の場合はゴルフ。

それほど練習もしてないので、要は老化なのだろう。整形外科で痛み止めの注射を打ってもらったが、しばらくするとまた痛む。

クラブどころがグラスも満足にもてない。「原因は首、肩なんです」と劉先生。藁をもすがる思いで診てもらった。

「(肩)ガタガタだね。ひじには触りませんよ」。肩甲骨周りと首に指がはう。突然、ふくらはぎをギュッと押されて、ベッドの上で飛びあがった。「先生!そ、そこ関係あるんですか・・・」有無を言わさず肩、首、ふくらはぎをマッサージする劉先生。

途中で、鍼も入ったが、打たれた方は気づかない。
「はい終わり。どう?」嫌な鈍痛は、嘘のように消えていた。「完全に治すには、しばらく通わないとダメね。」これはクセになります。


ひじ、腰痛、肩の痛み、トラブルのご相談は、

こちら ▶ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院


関節温めに故障予防

「45歳を過ぎると筋力がダメになります。まずは、暴飲暴食を
慎まなくてはいけません」
東洋医学と西洋医学を融合させた治療法を研究してきた劉先生の教え
とても分かりやすい。説くのは非常に基本的なことだ。

「ゴルフの前日、あまり飲んじゃダメね。肝臓に疲労がたまるといろんなところに出るよ」五臓六腑が疲れると、スポーツのダメージは関節に出るのだという。お酒が絶対にダメなのではない。

「過ぎるのがいけない」プレーは前日から始まっている。「もう1つ、気をつけてほしいのは朝ね。できれば、お風呂に入るといいんだけど」ゴルフのスイングは一方向にだけ体を使うため、歪みが出やすい。故障の予防には、関節を温めるのが効果的。

「パターの練習よりストレッチが大事よ」朝食も胃に優しいものを、スタートの1時間以上前にとるのがいいという。おススメはお粥や果物。甘いモノもいいそうだ。

ビートたけしの顔面麻痺を治したことで有名な劉先生には、俳優の里見浩太郎さん、楽天の三木谷浩史会長ら、各方面にファンが多い。

生活習慣病や美容にも気を配り、治療院のほか、施術の体系化による教育、出版物により啓蒙活動にも取り組んでいる。


トイレ後には水分を!!

そんな劉先生の中高年へのアドバイスは、ゴルフ以外にも及んだ。

「夜中におしっこに起きるでしょ?その時に、必ず水分を取らなきゃダメよ」夜間、汗や排尿などで水分を失うと血液が濃くなり、朝方、血管が詰まりやすくなる。

「顔がむくむから水分を取らないという人もいるけど、むくむのは水分代謝が悪いからよ」医食同源。まずは食事から。その体を助けるのが鍼灸・マッサージ。

ドクター・リウ・メソッドは、最後まで分かりやすかった。


腰痛予防にも秘策!!

自らもかつて椎間板ヘルニアに苦しんだ劉先生が、腰痛防止にユニークな運動法を考案した。

スポーツクラブにあるような背筋台にうつぶせに乗り、上半身を下げる。こうすると詰まってしまった腰椎を、ピンポイントで伸ばすことができる。

整形外科等でよく行われている牽引では「肝心の腰椎が伸びないんです」と劉先生。

さらに、頭を下げることで、逆立ちと同じように、顔面部や頭部への血流改善を促す効果も期待できるという。

こちらの腰痛トラブル改善器具「伸びーる」は、
当治療院で体験ができます!!

▶ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院



お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ
関連事業

この内容で送信します。よろしいですか?