採用情報トップページ
院長からのメッセージ
採用情報
Q&A
先輩の声
応募する
インターンシップ・職場体験
職場見学会

キャリア採用の先輩がコリトレールを選んだ理由

コリトレールグループには現場経験2~5年、鍼灸整骨院から転職される先生が多くいます。

今までは局所に鍼を打つ程度だった
マッサージが多かった
保険診療だったので鍼にかけられる時間が短かった・・・

もっと鍼を打ちたい、鍼治療を求めて来院される鍼灸院で働きたいとコリトレールに転職されています。

受付専門のスタッフがいたり、アシスタントがいたりした環境と店舗運営に関わるすべてのことを治療院スタッフ全員で取り組んでいるコリトレールでは業務も多少異なり、ここまで確認するのか!細かいところまでやるんだなと慣れない作業に最初は戸惑ったことも多いようですが、現場経験のある先生方なので慣れるまで時間がかかることなく対応されています。

2年目、3年目で役職者になる先生もいます。

待遇かそれとも鍼灸師としてのやりがいか・・・
現場経験3年もすると勤務年数に応じた待遇に満足できる反面、鍼灸師でありながら鍼が打てない、全身を診る鍼治療がしたいけど今のままではできない・・・

このまま何年も過ごしていいのかと悩み、治療ができる場所、鍼灸師として次のステップアップの場所を探すべきか迷う時期にぶつかるようです。
現実に悩み今後を考え鍼灸師としてのやりがいを選択された先生たち。


先輩達の声

キャリア採用でコリトレールの仲間になった先生方がどんなことに悩み、何を求めてコリトレールに応募したのか聞いてみました。

○鈴木先生

これまでは保険でマッサージや鍼治療をしていたので、短い時間で局所への施術だけをしていました。

来院する患者さんの症状も肩こり、腰痛などばかりでしたが、現在では整形外科疾患だけでなく、不眠症や生理痛、自律神経失調などの治療でも効果を出せるようになってきました。

院内のスタッフと治療内容についても積極的に意見交換ができるので刺激になります。

医療として認められるような鍼灸師を目指しています。


○池端先生

前職では10分、15分という限られた治療をする状況でした。

今は自費治療の難しさを実感しつつも基礎から学び直し、自分自身、治療を楽しんでいます。

与えられた時間を十分に使って患者さんと向き合える中で、患者さんの身体を日常で一番良い状態にもっていける鍼灸師を目指したいです。


○三原先生

前職は不妊治療を中心にした治療院で働いていましたが、不妊治療だけでなく幅広い治療をしたくてコリトレールへ移り、六本木院配属後、今は渋谷院で院長をしています。

コリトレールに入って治療に必要な技術だけでなく、人を育てるための考え方や円滑な院内運営の在り方について学んでいるところです。


その他 キャリア鍼灸師

前職は鍼灸整骨院で働いていました。保険で鍼灸治療をしていましたが、痛い部位しか治療ができませんでした。

コリトレールでは新人研修やその後の研修、院内での練習を通して今では患者さんが希望されるコースで痛い部位だけでなく全体を診ることができるようになりました。

今は副院長として、院内コミュニケーションの工夫や研修生の指導育成をしていく上で大切なことを経験しながら学ぶことも多く、治療以外のことも考える時間が増えました。

同時に患者様に対する考え方も変わり、周りのスタッフと勉強しながら日々精進しています。


前職ではマッサージがメインで鍼治療をする場合は症状が出ている局所しか治療する時間がありませんでした。

転職前、鍼灸師として様々な治療に対応できるように劉先生の疾患別講座を受講したことがきっかけでコリトレールに転職しました。

教わったことを活かせる場所で、今は全身の状態が把握でき、治療後の身体の変化まで診られるのでとても勉強になっています。

キャリア採用スタッフの中には、劉総院長の著書『劉勇の疾患別臨床鍼灸・テクニック』『劉勇の疾患別臨床マッサージ・テクニック』の通りに治療したら効果があった、患者に喜んでもらえたので学び直したいと思った、基礎となる技術を身に付けたいと応募される先生もいます。

私たちコリトレールグループ治療院には、肩こり・腰痛であっても鍼治療を希望される患者さんが多く、身体全体を診る鍼灸だから他の辛いところも診てもらえる、一度の治療で楽になると各院に定期来院されています。

保険診療も局所治療も経験を積んだからこそ、自費診療で通用する鍼灸師になるため次のステップアップの場所にコリトレールが選ばれています。

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

東京鍼灸・マッサージ
コリトレールグループ

この内容で送信します。よろしいですか?