スマホ首が引き起こす寝違え

この記事の監修鍼灸師
ハリアップ六本木ヒルズ院
 笹川先生

朝起きると首が痛くて動かせない・・・
いわゆる
寝違え」ですが、時間が経てば治ると思いそのままにしていませんか?

炎症が引いて徐々に痛みが和らいでいくこともありますが、筋肉は硬くなり可動域が狭くなっているのでまた繰り返してしまう可能性があります。
慢性化すると治療期間が長くなってしまうので、早期の治療をおすすめします。


首の筋肉は普段から重い頭を支えるためにずっと力が入っており、デスクワークなど長時間同じ姿勢になると、筋肉は収縮を続け硬い状態が継続します。


この状態が続くことで筋肉の血行が悪くなり、筋肉を動かすために必要な酸素や栄養素が不足し、柔軟性の低下した硬い筋肉になってしまうのです。


このような普段の首や肩の凝り、疲労物質の蓄積の多い状態に加え、就寝時の姿勢冷え突然人に話しかけられて後ろを向いた時などに寝違えが発症することが多いようです。


また、
内臓疾患や機能低下、自律神経の乱れに起因する可能性もあるので、「寝違え」=「首の筋肉」と決めつけないで原因を特定していくことが大切です。


原因としては主に

 ・長時間の同じ姿勢 
 ・睡眠時の不自然な姿勢や合わない寝具 
 ・内臓疾患や機能低下 
 ・自律神経の乱れ 
 ・事故やスポーツでの強い衝撃 


などが挙げられます。


この中でも最近多くなってきているのが「スマホ首」による寝違えです。

スマートフォンの普及により、下を向いたままずっと同じ姿勢でいるために正しい姿勢でいる時の何倍もの頭の重さがかかり、首の筋肉が凝って硬くなってしまっている状態のことを「スマホ首」と言います。


仕事でのデスクワークなどだけでなく、移動中や休憩時間、寝る直前までスマホを触っていたりと手放せない状況がさらに首肩の緊張を強めるので、睡眠の質が低下し血流の低下にも繋がってしまいます。


また、首の疲労の慢性化やストレス、寝不足が続くと自律神経のバランスが乱れてしまい頭痛や吐き気などの症状も引き起こしてしまうという悪循環になります。

寝る直前の夜中のスマホは、眼精疲労の原因になるだけではないのです。


治療について

寝違えの特徴として、頚部にしこりがあり、このしこりから肩甲骨の内縁まで繋がっているラインがあることが多いので、このラインを中心に治療していきます。

ただし、寝違えた直後の筋肉は炎症を起こしているので、患部へのマッサージを行うと血行が促進され炎症を広げてしまう可能性があるので注意が必要です。


また、寝違えを繰り返さないために、首だけでなく首に関連している背中や腰の筋肉の緊張を緩めたり、普段の姿勢で負担がかかっている所や崩れてしまっている体のバランスを整えていくことも必要です。


さらに、内臓疾患による症状の場合は、気血の流れを改善させ内臓につながる経穴を刺激して、内臓機能のバランスを整えていきます。


自分でできることとしては、まずは「普段の姿勢」を意識しましょう。


スマホを見る時に、目線の高さにもってくるだけでも首の負担は減ります。
仕事の合間などに簡単なストレッチや肩を回すと、血行が促進されるので効果的です。



また、冬の寒い時期や夏のクーラーなどで冷やさないようにし、お風呂などで全身を温めてその日に凝り固まった筋肉をほぐし血流を促していきましょう。



所属の治療院はこちら

▶HARI-UP六本木ヒルズ院




笹川先生

笹川先生

鍼灸師(ハリアップ六本木ヒルズ院)