MENU

不眠症について

不眠症の原因と治療例について

親しい人の死など不幸な出来事、職場の環境の変化、人間関係のトラブル、近所の騒音など、実にさまざまなことが誘因となって、人間は不眠になります。

したがって、一時的な不眠は、誰もが経験したことがあるといっても過言ではありません(大人だけではなく、子供も不眠を経験することはあります)が、翌日あるいは数日後には熟睡できるようになる一過性の不眠は、「機会性不眠」と呼ばれるもので不眠症とは異なります。
しかし、この一時的な不眠が不眠症のきっかけとなる場合はあります。

不眠症のタイプ

不眠症は5つのタイプに分類できます。
1. 寝つきが悪い「入眠障害」
2. ぐっすり眠れない「熟眠障害」
3. 夜中に何度も目が覚める「途中覚醒」
4. 朝の目覚めが早すぎて睡眠時間が不十分な「早朝覚醒」
5. 目覚めが悪い「覚醒障害」

不眠症のタイプはさまざまありますが、どのタイプも自律神経のバランスが崩れている点は同じと言えます。

仕事や家事など、集中して作業するために緊張を持続すべき時間と、リラックスして休息すべき時間の切り替えができていない(つまり、交感神経と副交感神経の切り替えができていない)から、眠れないのです。

そして、自律神経の切り替えができないということは、自律神経の働きを支配するホルモンのバランスが崩れているのです。

不眠症の治療例
不眠症には、躁うつ病、統合失調症、神経症などが原因となっておこる不眠症と、腫瘍、内出血、疼痛などに付随して起こる不眠症があります。
また、花粉症のような目・鼻・耳の症状が、呼吸器に影響を及ぼして正常な睡眠を妨げ、不眠を招くこともあります。
あるいは、更年期障害でも不眠になることがあります。

このように、さまざまな疾患が原因となって不眠に悩まされる二次性の不眠症と、不眠を招く病気もなく、特に精神的な緊張を強いる誘因もないのに発症する不眠症があります。

不眠症/鍼灸治療レポート1 女性 53歳 主婦 不眠症

若いころから長年、入眠障害(寝つきが悪い)と、熟睡障害(夜中に何度も目覚めて熟睡できない)に悩まされてきた。近所のクリニックで睡眠薬をもらって飲んでいた時期もあったが、目覚ましい効果はなかった。その後は半ば諦めて不眠の症状に悩まされながら過ごしてきたが、鍼治療で改善することが可能だと知って、来院した。


>> 続きを読む

不眠症/鍼灸治療レポート2 男性 40代 会社員 不眠症

デスクワークが多く、日頃から目の疲れ、首肩こりを感じている。ひどいときは頭痛を伴うこともある。
睡眠時間は平均6時間くらいとれているが、眠りが浅く疲れがとれない状態が続いていて、睡眠状態を安定にさせることと、体の疲労改善目的に来院した。


>> 続きを読む

ご相談・お問い合わせ

全店舗、どのような症状でも治療が可能ですが、
特殊な症状の方や症状がひどい方は豊富な治療実績を持った店舗へ行くことをオススメしています。

六本木ヒルズ院 Roppongi Hills

六本木ヒルズ院

丸ビル院 Maru Building

丸ビル院

カレッタ汐留院 Caretta Shiodome

カレッタ汐留院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「コリとれーるカレッタ汐留院」で運営しております。

渋谷院 Shibuya

渋谷院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクターリウ鍼灸院 渋谷駅前院」 で運営しております。

西新橋院 Nishishinbashi

西新橋院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院(東京慈恵会医大付属病院前)」で運営しております。

代官山アドレス院 Daikanyama Address

代官山アドレス院