MENU

不眠症について

不眠症の原因と治療例について

親しい人の死など不幸な出来事、職場の環境の変化、人間関係のトラブル、近所の騒音など、実にさまざまなことが誘因となって、人間は不眠になります。

したがって、一時的な不眠は、誰もが経験したことがあるといっても過言ではありません(大人だけではなく、子供も不眠を経験することはあります)が、翌日あるいは数日後には熟睡できるようになる一過性の不眠は、「機会性不眠」と呼ばれるもので不眠症とは異なります。
しかし、この一時的な不眠が不眠症のきっかけとなる場合はあります。

不眠症のタイプ

不眠症は5つのタイプに分類できます。
1. 寝つきが悪い「入眠障害」
2. ぐっすり眠れない「熟眠障害」
3. 夜中に何度も目が覚める「途中覚醒」
4. 朝の目覚めが早すぎて睡眠時間が不十分な「早朝覚醒」
5. 目覚めが悪い「覚醒障害」

不眠症のタイプはさまざまありますが、どのタイプも自律神経のバランスが崩れている点は同じと言えます。

仕事や家事など、集中して作業するために緊張を持続すべき時間と、リラックスして休息すべき時間の切り替えができていない(つまり、交感神経と副交感神経の切り替えができていない)から、眠れないのです。

そして、自律神経の切り替えができないということは、自律神経の働きを支配するホルモンのバランスが崩れているのです。

不眠症の鍼灸治療例
不眠症には、躁うつ病、統合失調症、神経症などが原因となっておこる不眠症と、腫瘍、内出血、疼痛などに付随して起こる不眠症があります。
また、花粉症のような目・鼻・耳の症状が、呼吸器に影響を及ぼして正常な睡眠を妨げ、不眠を招くこともあります。
あるいは、更年期障害でも不眠になることがあります。

このように、さまざまな疾患が原因となって不眠に悩まされる二次性の不眠症と、不眠を招く病気もなく、特に精神的な緊張を強いる誘因もないのに発症する不眠症があります。

不眠症の患者は極度の食欲不振、または過食気味になって、栄養のバランスが崩れ、消化機能が低下しているケースが多いです。したがって、瘂門(あもん)・翳風(えいふう)・四白(しはく)・印堂(いんどう)・百会(ひゃくえ)など頭顔面部のツボ、大腸兪(だいちょうゆ)・肝兪(かんゆ)・身柱(しんちゅう)など脊柱の周囲にあるツボに鍼による治療を施し、中枢神経を刺激して、正常な食欲と栄養のバランスを回復させていきます。

また、水分(すいぶん)・中脘(ちゅうかん)・天枢(てんすう)・関元(かんげん)など腹部にあるツボへの刺激も効果的です。

不眠症/鍼灸治療レポート1 女性 53歳 主婦 不眠症

若いころから長年、入眠障害(寝つきが悪い)と、熟睡障害(夜中に何度も目覚めて熟睡できない)に悩まされてきた。近所のクリニックで睡眠薬をもらって飲んでいた時期もあったが、目覚ましい効果はなかった。その後は半ば諦めて不眠の症状に悩まされながら過ごしてきたが、鍼治療で改善することが可能だと知って、来院した。


>> 続きを読む

不眠症/鍼灸治療レポート2 男性 40代 会社員 不眠症

デスクワークが多く、日頃から目の疲れ、首肩こりを感じている。ひどいときは頭痛を伴うこともある。
睡眠時間は平均6時間くらいとれているが、眠りが浅く疲れがとれない状態が続いていて、睡眠状態を安定にさせることと、体の疲労改善目的に来院した。


>> 続きを読む

不眠症/鍼灸治療レポート3 男性 30代 会社員 不眠症

20代半ばから仕事関係で入眠時間がバラバラになり睡眠のペースが乱れている状態が続いていたが、最近は在宅勤務に切り替わり、睡眠のパターンが完全に崩れている状態から入眠困難、中途覚醒の症状が出始めた。


>> 続きを読む

不眠症/鍼灸治療レポート4 女性 50代 主婦 不眠症

普段は腰痛や肩こりで来院される患者さんだが、今回は不眠での来院。眠ろうとすると動悸やのぼせが強くなり全然眠れない。眠れないのでベッドに入るのがストレスになっているため、体のバランスを整えたいと来院された。


>> 続きを読む

不眠症/鍼灸治療レポート5 女性 20代 美容師専門学生 不眠症

来院された3ヶ月後に美容師の実技試験を控えている上に、ここ1ヶ月ほどアルバイトが忙しい状態にもかかわらず眠れない日が続いている。
不眠の症状に肩こりと、限界に近い疲労を感じてハリアップに来院された。


>> 続きを読む

不眠症/鍼灸治療レポート6 男性 40代 会社員 不眠症

寝ていても途中で起きてしまうことが多く、熟睡感がなく眠りが浅い感じがする。
日中の仕事にも影響するため、体のリズムを整えたいとハリアップに来院された。


>> 続きを読む

不眠症/鍼灸治療レポート7 男性 30代 会社員 不眠症

今年の年度始まりから仕事が忙しくなり、帰宅時間も日をまたぐことが増え、入眠から2~3時間で目が覚めたり、夢をよく見るなど、かなり睡眠が浅い状態。
病院等にも行けておらず、睡眠薬の服用もなく、体のリズムを整えることが難しくなってきたので、症状改善を目的にドクター・リウ鍼灸院に来院された。


>> 続きを読む

不眠症/鍼灸治療レポート8 女性 30代 会社員 不眠症

1年前に出産。産後から、夜途中で目が覚めるようになる。
病院で処方された睡眠薬を服用しているが、このまま続けるのはよくないと思い、鍼灸院を探しホームページを見て、勤務地に近いハリアップ丸ビル院に来院された。


>> 続きを読む

不眠症/鍼灸治療レポート9 男性 30代 自営業 不眠症

最初は少し眠りが浅いくらいだったのが発症1ヶ月後から中途覚醒が酷くなった。寝始めると1時間ごとに目が覚めてしまうようになり、翌日の体調にも影響するようになった。
薬を飲んでも効果を実感せず、顧客に鍼治療を勧められ、職場近くのハリアップカレッタ汐留院に来院された。


>> 続きを読む

不眠症/鍼灸治療レポート10 男性 50歳 会社員 不眠症

来院される3週間前から、夜中に何度か目が覚めてしまうことが多く、就寝前にキーンとした耳鳴りが頭の中で聞こえるようにもなってきてしまった。
十分な睡眠もとれず身体にストレスが溜まっているように感じ、体を整えたいとハリアップに来院された。


>> 続きを読む

不眠症/鍼灸治療レポート11 男性 30歳 会社員 不眠症

仕事が忙しく、テレワークでも夜中までパソコンで仕事をしていて疲労が溜まっている。普段から睡眠は浅く、午前5時くらいに目覚めてしまうことが多い。
来院される1週間くらい前から入眠障害も出てきたため、体のバランスを整えたいとハリアップに来院された。


>> 続きを読む

不眠症/鍼灸治療レポート12 女性 20代 会社員 不眠症

ストレスは感じていないが夢を見ることが多く、寝つけず、寝ても2時間寝たら目が覚めてしまう。
朝5時頃お散歩に出てま2時間睡眠をとる生活が続いているため、症状改善と体調を整えるためハリアップに来院された。


>> 続きを読む

不眠症/鍼灸治療レポート13 女性 20代 大学教員 不眠症

2~3年前から不眠症状があり、半年前から病院で薬を処方され飲んでいる。睡眠薬でなんとか眠ることができているが3~4時間で目が覚めてしまう。
酷い時だと1~2時間、もっと酷いと10分おきくらいで起きてしまう時もあるため、体の状態を整え改善したいと来院された。


>> 続きを読む

不眠症/鍼灸治療レポート14 女性 30代 会社員 不眠症

産休後フルタイムで仕事に復帰し、身体が慣れていないことと子育ての疲労が重なっている。
身体は疲れているのに、お子さんと寝ている時に蹴飛ばされたり、布団が掛かってないか心配したりと熟睡できない状況が続いている。


>> 続きを読む

不眠症/鍼灸治療レポート15 女性 50代 主婦 不眠症

2年ほど前に身内や周りの環境に大きな変化があったことで極度のストレスが溜まり、突発性難聴、過敏性腸症候群をほぼ同時に患い、治療過程で不安要素が大きくなったことで徐々に眠れなくなってきた。
ほぼ毎日睡眠薬を服用して、ようやく3~4時間眠れる状況のため来院された。


>> 続きを読む

不眠症/鍼灸治療レポート16 女性 20代 会社員 不眠症

仕事以外の時間はスマートフォンを見ていることが多く、気づけば1日中液晶画面を見ている。そのためか寝つきが悪いことも多くなり、朝起きるのが辛い。もともとあった首肩こり、腰痛も酷くなったと感じ、ハリアップに来院された。


>> 続きを読む

ご相談・お問い合わせ

全店舗、どのような症状でも治療が可能ですが、
特殊な症状の方や症状がひどい方は豊富な治療実績を持った店舗へ行くことをオススメしています。

六本木ヒルズ院 Roppongi Hills

六本木ヒルズ院

丸ビル院 Maru Building

丸ビル院

カレッタ汐留院 Caretta Shiodome

カレッタ汐留院
当面の間、土日・祝日は短縮営業のため10:00~20:00となります。

セルリアンタワー院 Cerulean Tower

セルリアンタワー院
3月30日、セルリアンタワー東急ホテル1Fに移転、店舗名が「ハリアップセルリアンタワー院」に変更となりました。

西新橋院 Nishishinbashi

西新橋院
※ハリアップにリニューアル予定。
現在、「ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院(東京慈恵会医大付属病院前)」で運営しております。水曜日のみ、完全予約制となっております。ご了承くださいませ。