不眠症/お悩み治療ガイド

自律神経バランスを整え、不眠症から脱却

不眠症について

親しい人の死など不幸な出来事、職場の環境の変化、職場や近所の人間関係の軋轢、外の騒音など、実にさまざまなことが誘因となって、人間は不眠になります。

したがって、一時的な不眠は、誰もが経験したことがあるといっても過言ではありません(大人だけではなく、子供も不眠を経験することはあります)が、翌日になると、あるいは数日後には熟睡できるようになる一過性の不眠は、「機会性不眠」と呼ばれるもので不眠症とは異なります。

しかし、この一時的な不眠が不眠症のきっかけとなる場合はあります。

不眠症のタイプ

不眠症は5つのタイプに分類できます。

①寝つきが悪い
「入眠障害」
②ぐっすり眠れない
「熟眠障害」
③夜中に何度も目が覚める
「途中覚醒」
④朝の目覚めが早すぎて睡眠時間が不十分な
「早朝覚醒」
⑤目覚めが悪い
「覚醒障害」

不眠症のタイプはさまざまありますが、どのタイプも自律神経のバランスが崩れている点は同じと言えます。

仕事や家事など活発に行動する、緊張を持続すべき時間と、リラックスをして休息すべき時間の切り替えができていない(つまり、交感神経と副交感神経の切り替えができていない)から、眠れないのです。

そして、
自律神経の切り替えができないということは、自律神経の働きを支配するホルモンのバランスが崩れているのです。

不眠症の原因

■目・鼻・耳の疾患で不眠症になる場合もあります

不眠症には、躁うつ病、統合失調症、神経症などが原因となっておこる不眠症と、主要、内出血、疼痛などに付随して起こる不眠症もあります。
花粉症が呼吸器官に影響を及ぼして正常な睡眠を妨げ、不眠を招くこともあります。

また、更年期障害の症状にはホットフラッシュ、腰痛、足腰の冷えの他に、不眠があります。
目、鼻、耳の疾患で不眠症になる場合もあります。

このように、さまざまな疾患が原因となって不眠に悩まされる二次性の不眠症と、不眠を招く病気もなく、特に精神的な緊張を強いる誘因もないのに発症する場合もあります。

鍼治療について

不眠症の方は極度の食欲不振、または逆に過食気味になって、栄養のバランスが崩れ、消化機能が低下している場合が多いです。
したがって頭顔面部に点在する経穴、脊柱の周囲にある経穴に鍼による治療を施し、中枢神経を刺激して、正常な食欲と栄養のバランスを回復させる必要があります。
自律神経の本幹部、腹部にある経穴への刺激もあわせて行います。

また施術と合わせて、なるべくバランスの良い食事、特にビタミンを摂取するようにアドバイスをしています。

目、鼻、耳の疾患と関連性が認められた場合は、目、鼻、耳とつながる経絡上の経穴を刺激して、原因となる疾患の治療を先ず行います。

いずれにせよ、不眠症の原因はひとりひとり千差万別なので、不眠の原因を考慮して、幅広い観点から諸症状に応じて選穴する必要があります。
不眠症の治療には一律の選穴はありませんので、患者個人の症状と原因に合わせて治療を行っています。

ご相談・お問い合わせ

副作用がない鍼治療は、お薬を服用しながらでも受けることが可能です。
自律神経の本幹部、腸へのアプローチと心身のバランス調整を行うことで本来のリズムを取り戻していきます。

当院の治療実績を信じて、安心してご来院ください。

六本木院のご予約はこちらから
お近くの治療院をお探しの方はこちらから

不眠症 関連コンテンツ

鍼灸師の治療レポート

(2)鍼灸症例/不眠症

2018-08-10

仕事はデスクワークが多く、日頃から首肩・肩甲骨周りに凝りを感じている。 目の疲れがあり、凝りが酷くなってくると頭痛を伴う。 睡眠時間は平均6時間程はとれているが、眠りが浅く疲れがとれれない状態で、こりと疲労改善目的に来院。

(1)鍼灸症例/不眠症

2016-03-10

六本木鍼灸:症例報告(不眠症・動悸)今回の患者さんは1年以上も続く不眠、動悸であったが、問診の情報が上手にとれたこと、鍼の刺激が入りやすい体質であったことから3回の治療で効果が出せたと考えられる。

(3)鍼灸症例/不眠症

2016-02-25

鍼灸治療 コリトレール/治療家 症例報告:30代・女性 不眠症の治療について。

鍼灸師コラム

不眠症

2016-12-19

1週間に3日以上眠れない日があって、それが1ヶ月以上続く症状が不眠症です

首・肩・腰の症状

頭・目・耳の症状

麻痺・神経痛の症状

胃・腸の症状

自律神経・心の症状

婦人科の症状

その他

お近くの店舗への電話でのご予約・お問合せ

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。

オンラインショップ
関連事業