顔面神経麻痺?

この記事の監修鍼灸師
ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院 神田先生

 

 

顔面神経麻痺?

カメラを向けられて「スマイル」!何気なく作っている笑顔ですが、これは表情筋を動かしてくれている顔面神経のおかげです。

つまり、顔面神経麻痺とは顔の表情を作ってくれる、表情筋を動かしている顔面神経が傷つくことで顔面が動かなくなります。

 

痛みはないの?

顔面神経は、痛みを伝える感覚神経ではないので、顔面神経麻痺により痛みは生じません。

顔面神経は主に運動神経です。

ですので、

痛みは「顔面神経痛」ではなく「三叉神経痛」といいます。ご注意を。

 

麻痺の種類と症状は?

 

脳血管障害等が発症原因になる中枢性の顔面神経麻痺と、ウイルスの再活性化による神経の炎症が原因である末梢性の顔面神経麻痺と、外傷によるものに分類できます。

 

主な症状は、運動神経の麻痺している場所により現れる症状が異なります。

・口笛が吹けない

・額にシワ寄せできない

・閉眼できないため、目が乾燥し涙が出る

・飲食がうまくできず、口からこぼれ落ちる

・よだれが垂れる・味覚が鈍感になったり、音が大きく感じることも・・・。

 

東洋医学では、顔面神経麻痺は胃腸の不調が原因で日々のストレスや風邪等の外からの影響によるものだと考えられています。

生活習慣の乱れに伴い、バランスの悪い食生活で、痰や湿邪といわれる身体によくないものが停滞し、急激な感情の変化や外邪により発症に至ることに。

顔面神経麻痺は片側に偏って起きることが多いので、陽明胃経、陽明大腸系の停滞が原因で生じており、側面の経絡も関係していると考えられるので、少陽胆経、少陽三焦経という肝の臓の経絡にも影響を及ぼしていることが分かります。

 

鍼治療の効果は?

早期治療を開始することで回復も早くなります。

私が担当させて頂いた患者様も早期に治療を開始し、主訴だけでなく心身全体を診ていくことで治療効果が上がるよう治療を進めさせていただきました。

結果、お仕事をしながら二ヶ月ほどで左右差もなくなり、液漏れ・眼痙攣などの症状も改善できました。

 

鍼治療は、局所や全身の血流促進、自律神経にアプローチすることで、免疫力や修復力もアップ出来るので、顔面神経麻痺の回復も促されます。

 

顔に症状が出ることで身体だけではなく精神面での負担も大きいです。

治療を受けるに当たり不安に感じていることもあると思います。

 

西新橋院では、

毎週木曜日に無料相談会を実施しておりますので、お気軽にご来院ください(※要予約)。

 

 

こんな症状出てませんか??  ~顔面神経麻痺~

 


神田先生所属の治療院はこちら
ドクター・リウ鍼灸院西新橋院サイト►

 

 

神田先生

神田先生

ドクター・リウ鍼灸院 西新橋院所属 鍼灸師