老けない肌をつくる!

この記事の監修鍼灸師

コリトレール株式会社 メディア事業部 原編集長

 

 

 

紫外線のダメージ肌は美容鍼で回復!!

室内外の乾燥が気になる季節到来です。

紫外線のピークは過ぎましたが、行楽シーズンの秋もまだまだ油断できませんから、

紫外線+乾燥のWで気をつけなければいけない季節です

曇りの日でも紫外線は7080%と言われていますからね。


紫外線ダメージといえば、シミ、しわ。あとくすみや角質もです。

紫外線は真皮層にまでダメージを与えるので、メラノサイトを刺激し、メラニンの大量に発生につながり、

がさがさ肌になってしまいます。がさがさ肌をそのまま放置となれば、

たるみが気になる~、

しわが気になる~と、絶対に回避したい肌問題にとって大事な大事な肌の弾力・ハリが失われてしまいます。


夏に紫外線を浴びた肌は乾燥しやすく、角質層の水分が不足しがち。


健康な肌に比べて乾燥した肌は、肌のバリア機能が低下し吹き出物も出やすく、

水分を与えても逃げやすい状態なので、皆さんご存じのとおり保湿が必須ケアとなります。

 

保湿・保湿・保湿。。。 わかってはいる。

 

だけど、乾燥に加えてターンオーバーが乱れた肌では、たっぷりのローションも浸透しにくい状態。

そんな保湿効果を高めてハリのあるお肌作りを手助けしてくれるのが、顔に鍼の美容鍼です。


お肌に直接鍼で刺激していく美容鍼は、皮下組織に働きかけ、お肌の再生に欠かせない大事なコラーゲンやエラスチン生成を促進させます。


Dr. Liu Method 美容鍼は、内臓機能を調整するツボへも同時にアプローチするので、

血液の浄化や代謝機能のアップ、皮膚作りの根幹へしっかりと働きかけます。

 

顔は脳に近い場所。

 シミやしわ以外のお肌のくすみや目の下のクマ、たるみといった悩みは、

実は、生活習慣と密接な関係があります。

 

真皮層の働きかけるだけではなく筋肉に栄養を与える内臓への働きがけにもなる美容鍼は、

まさに内面美容そのものです。不眠や不規則な生活による肌問題、体への働きがけが安眠をもたらし、

消化吸収を行う内臓機能を調整し、美肌を作るのです。


紫外線を浴びたダメージ肌、お疲れ肌の回復・再生に美容鍼を。

 

最少の鍼で最大限の効果を実感してください。

 


原編集長

原編集長

メディア事業部編集長 鍼灸師